トランスウエア、日本語迷惑メール最適化のアンチスパム新版出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


トランスウエア、日本語迷惑メール最適化のアンチスパム新版出荷


掲載日:2006/08/23


News

 株式会社トランスウエアは、日本エフ・セキュア株式会社のアンチウイルス製品「F-Secureアンチウイルス」をオプション搭載したアンチスパム製品の新版「Active!hunter 2.0」を、9月上旬より出荷する。

 「Active!hunter」は、迷惑メール学習エンジン“SVM”や多重化されたフィルタ群により構成された大規模メールシステム向けの迷惑メール対策製品。日本国内の迷惑メール事情に最適化された処理と、様々な管理/設定機能により、迷惑メール処理を「Active!hunter」のみで可能とする。

 今回の新版では、「F-Secureアンチウイルス」とのオプション連携によるウイルス検査機能の提供に加え、ユーザーごとのフィルタON/OFF設定機能を備えている。さらに管理者向け/個人向け管理画面が操作性に優れたインターフェースへ刷新され、管理者向け画面にはAjax(Asynchronous JavaScript + XML)が採用されている。トランスウエアのWebメール製品「Active!mail 6.0 with Interactive Design」とのデザイン統合なども行なわれている。


出荷日・発売日 2006年9月上旬 出荷
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「アンチウイルス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「アンチウイルス」関連情報をランダムに表示しています。

「アンチウイルス」関連の製品

サイバー攻撃への多層防御強化は続けつつ、感染に備えた事後対応 【シマンテック】 マルチエンジン型ウイルス対策ソフトウェア 「Metascan」 【ネクスト・イット】 高度なマルウェア対策「データ無害化」「マルチスキャン」とは 【ラネクシー】 次世代マルウェア対策「CylancePROTECT」 【日立ソリューションズ】 Kaspersky Endpoint Security for Businessシリーズ 【カスペルスキー】
アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス
サイバー攻撃の高度化と巧妙化から、従来型の対策には限界が見えてきた。多層防御の強化は続けつつ、感染に備えた事後対応も用意したい。どう両立すればよいだろうか。 最大30種類のウイルススキャンエンジンを動作させ、マルウェアの検出率を最大限に高めたウイルス対策ソリューション。インターネット接続ができない閉環境でも使用が可能。 自治体並みのマルウェア対策を実現する「データ無害化」「マルチスキャン」とは AI技術を利用した、パターンファイルを必要としないマルウェア対策。未知/既知を問わず、マルウェアが実行される前にエンドポイント上で検知・防御する。 PC、モバイル、サーバーなどのエンドポイントを幅広く保護し、アプリケーション、デバイス、Web使用を適切に制限するコントロール機能で強固なセキュリティ環境を実現。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20015369


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ