シマンテック、「一太郎」の脆弱性に対するトロイの木馬を発見

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


シマンテック、「一太郎」の脆弱性に対するトロイの木馬を発見


掲載日:2006/08/22


News

 シマンテックセキュリティレスポンスは、ワープロソフト「一太郎」に存在する未知の脆弱性に対してゼロデイ攻撃を仕掛ける脅威の報告を受けたと、発表した。

 今回発見されたトロイの木馬「Trojan.Tarodrop」は、メールの添付ファイルとして拡散する可能性があり、添付ファイルを閲覧すると、トロイの木馬が実行され、「一太郎」内にあるUnicodeスタックバッファオーバーフローの未知の脆弱性を悪用する。その後、別のトロイの木馬「Infostealer.Papi」を実行する。「Infostealer.Papi」は、感染したコンピュータ内の秘密情報を収集し、ポート8080を通じて特定のドメインに情報を送信する。

 「Trojan.Tarodrop」と「Infostealer.Papi」は、危険度1の脅威(5が最大危険度)となっている。なお、シマンテックでは、すでにこの2つの脅威からクライアントPCを保護する定義ファイルを配布している。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「アンチウイルス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「アンチウイルス」関連情報をランダムに表示しています。

「アンチウイルス」関連の製品

次世代マルウェア対策「CylancePROTECT」 【日立ソリューションズ】 なぜ今「エンドポイントセキュリティ」を見直す必要があるのか 【シマンテック】 Kaspersky Endpoint Security for Businessシリーズ 【カスペルスキー】 添付のOfficeファイルも安心して編集できる標的型攻撃対策とは? 【コネクトワン】 Kaspersky Security for Virtualization 【Kaspersky Labs Japan】
アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス
AI技術を利用した、パターンファイルを必要としないマルウェア対策。未知/既知を問わず、マルウェアが実行される前にエンドポイント上で検知・防御する。 なぜ今「エンドポイントセキュリティ」を見直す必要があるのか PC、モバイル、サーバーなどのエンドポイントを幅広く保護し、アプリケーション、デバイス、Web使用を適切に制限するコントロール機能で強固なセキュリティ環境を実現。 添付のOfficeファイルも安心して編集できる標的型攻撃対策とは? 仮想環境に最適化されたアンチマルウェア製品。仮想環境および仮想化されていないエンドポイントやモバイルデバイスも含めた一元管理が可能。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20015353


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ