富士通、Windows版DB製品の新バージョンを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士通、Windows版DB製品の新バージョンを提供


掲載日:2006/08/21


News

 富士通株式会社は、DB製品「Symfoware」Windows版の新バージョン「V8」を、提供する。

 今回の新バージョンでは、業務無停止のバックアップを可能とする「Symfoware Server Advanced Backup Controller」が提供される。ミラー化したディスクを任意時点でダイナミックに切り離し、切り離したディスクの一片をバックアップ媒体とみなす技術を採用することで毎分TBオーダーの高速性を実現している。国際規格ISO/IEC 15408(情報セキュリティの観点からITに関連した製品やシステムが適切に設計され、その設計が正しく実装されているか評価するための国際規格)に準拠したセキュリティで、内部統制や個人情報保護の要件に対応している。

 業務中の定義変更が可能で、列(カラム)やパーティションの追加中でもアプリケーションを実行できるため、DBを使用している既存業務に影響を与えずに柔軟な業務拡張や変更が可能となっている。SQL文識別子とカーソル名を埋込み変数で動的に指定することや、カーソル名にSQL文識別子を動的に対応づけることができる。さらに、Unicode環境で動作するSQL埋込みCOBOLプログラムの各国語文字列型ホスト変数のデータとしてUCS-2(ビッグエンディアン)のデータを使用することができる。これにより、「Symfoware」DBを用いて業務アプリケーションを作成する開発者の生産性や移植性が向上している。

 従来オプションで提供されていたフェイルオーバ機能が中大規模システム向けDB「Symfoware Server Enterprise Edition」に標準搭載されている。複数のサーバをコネクトすることで、サーバダウンの際には他のサーバへ切り替え、業務を再開することができる。また同社は、データウェアハウス向け並列DB「Symfoware Parallel Server」Solaris版の新バージョン「V5」も、提供する。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

「富士通」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「データベースソフト」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「データベースソフト」関連情報をランダムに表示しています。

「データベースソフト」関連の製品

Accessによる会員管理データベースを1カ月で刷新、Excel連携で業務を効率化 【ジャストシステム】 UnitBase 【ジャストシステム】 【ノンプログラミングWebデータベースソフト】UnitBase 【ジャストシステム】 【ノンプログラミングWebデータベースソフト】UnitBase 【ジャストシステム】 情シス部門なしで挑んだワークフロー電子化、2000枚の書類作業をゼロに 【ジャストシステム】
データベースソフト データベースソフト データベースソフト データベースソフト データベースソフト
Accessによる会員管理データベースを1カ月で刷新、Excel連携で業務を効率化 17倍になった申込件数でExcel処理が間に合わない たった3カ月で解決した方法 専門知識不要、簡単なマウス操作や表計算ファイル取込でWebデータベース作成、活用できるソフトウェア。検索・集計・グラフ化も容易。データへのアクセス権限設定も柔軟。 ユーザー部門のシステム自前導入は危険 Webデータベース導入で運用を改善 情シス部門なしで挑んだワークフロー電子化、2000枚の書類作業をゼロに

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20015344


IT・IT製品TOP > サーバー > データベースソフト > データベースソフトのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ