リコー、毎分75枚の印刷が可能なモノクロプリンタなどを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


リコー、毎分75枚の印刷が可能なモノクロプリンタなどを発売


掲載日:2006/08/11


News

 株式会社リコーは、A3モノクロレーザープリンタの新製品として、印刷速度が毎分75枚(A4ヨコ)の「IPSiO SP 9100Pro」/「IPSiO SP 9100M Pro」と、毎分45枚(A4ヨコ)の「IPSiO SP 8100」/「IPSiO SP 8100M」を、8月25日より発売する。

 「9100Pro」/「9100M Pro」は、900万ページの耐久性を備えており、基幹システムからの大量の帳票印刷にも対応することができる。標準で2650枚、オプションの大量給紙トレイを装着することで最大6650枚の給紙が可能で、1段目は500枚の用紙を並列にセットできるオートタンデムトレイを採用し、印刷中でも用紙を補給することができる。標準トレイで不定形サイズに対応し、大量給紙トレイでは用紙の水平搬送が可能なため最大で216g/平方メートル(180kg)の用紙厚に対応することができる。

 また、請求書や納品書、自治体の納税通知書などで利用する圧着紙への印刷が可能なほか、配送ラベルなどの特殊用紙にも対応している。「8100」/「8100M」は、300万ページの耐久性を備えており、基幹システムからの帳票の分散印刷に対応することができる。ファーストプリントは6秒以下を達成している。オプションで「不定形サイズ対応キット 8100」が用意されており、本体標準トレイから不定形サイズ(幅148〜297mm/長さ180〜400mm)の給紙が可能となっている。

 4モデルとも、片面印刷と同速の両面印刷が可能となっている。別売の「IPSiO個人認証キット タイプF1」によりICカード個人認証が可能で、印刷した文書の取り間違いや取り忘れを防止することができる。保守料金体系は、「9100Pro」/「8100」では年間保守契約など複数から選択することができる。「9100M Pro」/「8100M」は、トナーや感光体などの費用を含んだカウンター方式の“M-PaC保守システム”を採用しており、機器の管理負荷を軽減することができる。なお価格は、「9100Pro」/「9100M Pro」が243万円、「8100」/「8100M」が44万8000円となっている。


出荷日・発売日 2006年8月25日 発売
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20015320


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プリンター > プリンターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ