リコー、印刷日時やユーザ名を地紋に自動印字できるソフトを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


リコー、印刷日時やユーザ名を地紋に自動印字できるソフトを発売


掲載日:2006/08/11


News

 株式会社リコーは、デジタル複合機「imagio」シリーズなどのプリンタドライバで設定する“不正コピー抑止地紋印刷機能”を拡張し、印刷した日時やユーザー名を地紋に自動印字できるユーティリティソフトウェア「Ridoc IO TrustyPrint Version2」を、8月25日より発売する。

 “不正コピー抑止地紋印刷機能”は、書類をプリントアウトする際に、用紙全体に薄い地紋を付けて印刷し、文書をコピーした際に“コピー禁止”などのあらかじめ設定した牽制文字が浮き上がることで、情報漏洩を抑止する機能。今回発売される「Ridoc IO TrustyPrint Version2」により、印刷した日時やユーザー名を牽制文字として自動的に地紋に埋め込んで印字できるため、“誰が”/“いつ”印刷した文書かの特定が可能となり、情報漏洩の抑止効果を向上させることができる。なお価格は、基本パッケージ(5ライセンス)で10万円となっている。


出荷日・発売日 2006年8月25日 発売
価格 基本パッケージ(5ライセンス):10万円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20015318


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プリンター > プリンターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ