日本セーフネット、レイヤ2で高速暗号通信を可能とする製品発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本セーフネット、レイヤ2で高速暗号通信を可能とする製品発売


掲載日:2006/08/10


News

 日本セーフネット株式会社は、イーサネットをベースにしたネットワークで、セキュアな通信を容易に可能とする暗号通信装置「SafeEnterprise Ethernet Encryptor」を、9月1日より発売する。

 「SafeEnterprise Ethernet Encryptor」は、イーサネットベースのサービスに対し、レイヤー2上で、ラインスピードでの256ビットのAES暗号アルゴリズム処理や、スループットの最大化、レイテンシーの低下を可能とする。既存のネットワークインフラ上への導入もスムーズに行なうことができるアーキテクチャを採用している。製品ラインアップは、10Mbps/ファーストイーサ(100Mbps)/ギガビットイーサ(1Gbps)が用意されている。なお価格は、「SafeEnterprise Ethernet Encryptor 10Mbps」が119万8000円からとなっている。


出荷日・発売日 2006年9月1日 発売
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PKI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「PKI」関連情報をランダムに表示しています。

「PKI」関連の製品

国際標準の電子取引に必須の機能とは? 法整備が進む電子署名の動向を知る 【アドビ システムズ】 4週間の承認プロセスが4日まで短縮――電子サインで文書管理の効率化を極める 【アドビ システムズ】 「電子サイン」と業務アプリケーション連携が「顧客開拓」に威力を発揮する理由 【アドビ システムズ】
PKI PKI PKI
国際標準の電子取引に必須の機能とは? 法整備が進む電子署名の動向を知る 4週間の承認プロセスが4日まで短縮――電子サインで文書管理の効率化を極める 「電子サイン」と業務アプリケーション連携が「顧客開拓」に威力を発揮する理由

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20015314


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > PKI > PKIのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ