NTT-AT、既存の資産管理にQRコード機能を拡張できるツールを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTT-AT、既存の資産管理にQRコード機能を拡張できるツールを発売


掲載日:2006/08/09


News

 NTTアドバンステクノロジ株式会社は、既存の資産管理システムにQRコードによる管理機能を拡張できるツール「QRIDアシスト」を、8月29日より発売する。価格は、基本構成が138万円(税込)となっている。

 「QRIDアシスト」は、既存の資産管理システムに、そのシステムのDBから抽出したCSV形式の資産情報ファイルを使用し、QRコード読み取りによる資産管理機能を付加できる製品。資産情報ファイルを基に作成したQRコードラベルを資産へ貼付し、同ラベルを専用ハンディターミナルで読み取ることで資産の現物確認を行なうことができる。現物確認の結果は、ハンディターミナルからPCへCSVデータファイルを取り込むことで、既存システム上に結果を反映させるといった運用も可能となっている。


出荷日・発売日 2006年8月29日 発売
価格 基本構成:138万円(税込)

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IT資産管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

「IT資産管理」関連の製品

7500台のPCを常に把握、近鉄グループの旅行会社が実践するIT資産管理術 【ディーアールエス】 EOSL後の延命保守、大型ストレージの場合の注意点と対策 【エスエーティ】 意外と使いこなせない「インベントリツール」、IT資産管理で有効活用するには? 【ディーアールエス】 3社の事例で学ぶ メーカー保守終了後の延命と保守費削減の秘訣とは 【フィールドワン】 移行時期が迫る「Windows10」――導入を成功させる秘訣は? 【東芝クライアントソリューション】
IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理
7500台のPCの状態を常に把握する手法 IT資産管理の見える化で現場の意識が変化 EOSL後の延命保守、大型ストレージの場合の注意点と対策 意外と知らないインベントリツールの機能 フル活用で得られるメリットとは? 3社の事例で学ぶ メーカー保守終了後の延命と保守費削減の秘訣とは 移行時期が迫る「Windows10」――導入を成功させる秘訣は?

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20015280


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ