STi、「IBM System z」に対応したeラーニングサーバを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


STi、「IBM System z」に対応したeラーニングサーバを発売


掲載日:2006/08/09


News

 株式会社システム・テクノロジー・アイは、IBMのオープンメインフレームサーバ「IBM System z」に搭載可能な、Linux on System z対応のeラーニング用イントラネットサーバソフトウェア「iStudy Enterprise Server」(iES)を、8月30日より発売する。

 「iES」は、スキル診断やコンピテンシー管理、診断結果に基づいた人材育成計画機能、eラーニング機能を搭載した専用イントラネットサーバ。企業内の既存人事システムと連動し、社員のスキル診断実績や社内のスキル分布が容易に把握できるほか、診断結果に基づくスキルアップロードマップの策定や、全社的な研修計画/実績管理/eラーニング機能など、個人レベルのスキル管理や全社的な人材育成が可能となる。

 従来からWebSphereやDB2といったSOA対応のIBMプラットフォームを搭載し、「IBM System x/System p/System i」の各サーバ製品に対応している。今回、「System z」に対応したことで、中小規模から大規模ユーザーまで、自由度に優れたeラーニング環境を提供する。なお「System z」に搭載可能な「iES」のライセンス価格は、「ユニバーサルエディション」がグループ企業での無制限利用の場合で1CPUあたり1008万円(税込)となっている。


出荷日・発売日 2006年8月30日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「eラーニングシステム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「eラーニングシステム」関連情報をランダムに表示しています。

「eラーニングシステム」関連の製品

eラーニングシステム 「学びばこ」 【テクノカルチャー】
eラーニングシステム
自社で独自の教材を利用でき、シンプルで使いやすいシステム。
システムはカスタマイズが可能。
オンプレミス、クラウドどちらにも対応。
スマホ・タブレットでも受講可能。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20015275


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > eラーニングシステム > eラーニングシステムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ