DNP、個人データを集中管理できるICカード発行システムを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


DNP、個人データを集中管理できるICカード発行システムを発売


掲載日:2006/08/07


News

 大日本印刷株式会社は、管理サーバで個人データを集中管理できるICカード発行システムを、10月より発売する。

 今回発売されるシステムは、カードプリンタでICカードの発行作業を行なうためのPCソフトウェア「CARDISSUE」とフルカラーカードプリンタ「CX-320」を組み合わせたシステム。「CARDISSUE」は、複数のカード発行拠点で利用する個人データを管理サーバーで一元管理できるソフトで、個人データは発行システムにダウンロードできないため、持ち出しを防止することができる。

 導入企業の要求に応じた柔軟なカスタマイズが可能なほか、社内/学内の認証局のPKI証明書発行システムなど、システム開発会社のシステムと容易に接続することができる。管理番号などを2次元バーコードに変換してカードに印刷することもできる。非接触ICカードFeliCa/MIFAREに対応し、今後、接触型ICカードのDNP Standard-9/MULTOS/Java Cardや、非接触型ICカードのType-Bカードへの対応を予定している。

 「CX-320」は、加えるエネルギー量によって対象物に転写するインキの量を変化させる“昇華再転写方式”のカードプリンタ。インクリボンに取り付けられたICタグにより、セッティング時のリボン種別の検知や、使用時の残量検知を自動的に行なうことができる。RoHS指令に対応しており、PCとはUSBで接続する。なお同システムの価格は、FeliCa対応版が365万円、MIFARE対応版が345万円となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 FeliCa対応版:365万円/MIFARE対応版:345万円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

若年顧客を呼び込んだ電子サインシステム「Adobe Sign」 【アドビ システムズ 株式会社】 知っていますか認証プロトコルの違い? 4種類の特徴と用途 【日本マイクロソフト】 新しい認証の世界が広がる、追加コスト要らずのWindows 10とVPN 【日本マイクロソフト】 手間やコストを極力かけず、企業ITの認証環境を強化する 【エントラストジャパン】 NeoFace Monitor 【NEC】
認証 認証 認証 認証 認証
「自らを破壊者に」――老舗銀行が新興企業に対抗できた理由とは 知っていますか認証プロトコルの違い? 4種類の特徴と用途 新しい認証の世界が広がる、追加コスト要らずのWindows 10とVPN サイバー攻撃の巧妙化、クラウド利用の拡大などによって、今まで以上に認証の重要度は増している。手間やコストを極力かけず、企業ITの認証環境を強化するための勘所とは? 高度な顔認証エンジンで、PC起動時からログアウトまでのPCのセキュリティ確保を行う顔認証PCセキュリティソフトウェア。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20015248


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ