サン、ITシステムを効率的に統合するSOA基盤製品を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


サン、ITシステムを効率的に統合するSOA基盤製品を出荷


掲載日:2006/08/07


News

 サン・マイクロシステムズ株式会社は、SOA(サービス指向アーキテクチャ)のための開発基盤となる製品「Sun Java Composite Application Platform Suite」(Sun Java CAPS)を、9月上旬より順次出荷する。

 「Sun Java CAPS」は、SOAベースの企業情報システム基盤を構築するための開発からデプロイ、運用管理、監視までのツールを提供する製品。企業の既存情報システムを利用し、それぞれの持つ情報を効率的に結びつけ、迅速なITシステムの統合を可能とする。システム統合を簡素化するESB(Enterprise Service Bus)機能を中核とし、データ処理量が拡大した場合にも対応可能な分散処理機能により、スケーラビリティの確保とパフォーマンスの維持が可能となっている。

 また、ビジネスプロセスなどにおけるワークフロー機能や、ビジネスの変化をリアルタイムに把握できる分析機能を備えている。システム構築のための開発環境も用意されているため迅速なシステム構築が可能で、SolarisやAIX、HP-UX、Red Hat Enterprise Linux、Windowsに対応している。モデルベースの直感的な開発GUIを採用しているほか、J2EE/JMS/BPEL/BPMN/XMLやWebサービス関連のスタンダードなど標準技術をサポートしている。

 フル機能を装備する製品「Sun Java CAPS」と、ESBの構築に特化した「Sun Java CAPS」のサブセットスイート製品「Sun Java Enterprise Service Bus Suite」が用意されている。スイート製品に含まれる各コンポーネントは単体製品での導入も可能で、使用期間に制限のない利用CPU数(ソケット数)によるライセンスモデルで提供される。なお価格は、スタンダードサポートを含む従業員1名あたりのライセンス価格が、「Sun Java CAPS」で年間1万4000円から、「Sun Java Enterprise Service Bus Suite」で年間7000円からとなっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20015247


IT・IT製品TOP > 開発 > 開発言語 > 開発言語のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ