日本コンピュウェア、.NETアプリ開発支援ツールの新版を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本コンピュウェア、.NETアプリ開発支援ツールの新版を出荷


掲載日:2006/08/02


News

 日本コンピュウェア株式会社は、.NETアプリケーション開発支援ツール「DevPartner Studio Professional Edition 8.0日本語版」を、出荷した。

 「DevPartner Studio 8.0J」は、Visual Studio 2005/2003に完全対応し、単体テストからシステムテストにおいて、7つの視点から.NETアプリケーションを分析して品質を定量化することで、信頼性に優れたアプリケーション開発を支援するデバッグ/テストツール。今回のバージョンでは、従来から提供している静的ソースコード解析やカバレッジ分析、パフォーマンス分析、自動エラー検出に加え、“Performance Expert”やエラーシミュレーション機能“Fault Simulator SE”を備えている。

 “Performance Expert”は、CPU使用率に加え、ディスクI/OやネットワークI/Oの使用率や、スレッドの待ち時間などからアプリケーションのパフォーマンス問題を分析することができる。“Fault Simulator SE”は、.NET Frameworkの例外/環境例外と2つの例外シミュレ−ションが可能な、「DevPartner Fault Simulator」の機能限定版となっている。Visual Studio から.NET Frameworkの例外をシミュレーションでき、開発者は現行のデバッグの拡張として、例外処理コードのデバッグやテストを容易に実施することができる。

 さらに、開発者がアプリケーションのシステムレベルの設定を比較し、設定に起因する不具合を特定できるツール“System Comparison”や、パフォーマンス/カバレッジ情報をXML形式で保存できるエクスポート機能が追加されている。また同社は、デバッグの中核となる自動エラー検出/カバレッジ分析/パフォーマンス分析の3つの機能で構成されたVisual C++ユーザーのためのコンパクトスイート「DevPartner for Visual C++ BoundsChecker Suite 8.0日本語版」も、出荷した。なお価格は、1ネームドユーザーで、「DevPartner Studio Professional Edition 8.0 日本語版」が36万8000円、「DevPartner for Visual C++ BoundsChecker Suite 8.0 日本語版」が22万円となっている。


出荷日・発売日 2006年8月1日 出荷
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「テストツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「テストツール」関連情報をランダムに表示しています。

「テストツール」関連の製品

WebアプリケーションUIテスト自動化ツール Developer Caretaker 【NDIソリューションズ】
テストツール
WebアプリケーションのUIテストに特化したシンプルな自動化ツール。テストの自動化による継続的な品質マネジメントで、テストや管理の効率化、品質の均質化を実現できる。

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20015197


IT・IT製品TOP > 開発 > テストツール > テストツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ