ソフトイーサ、レイヤー2 VPNでのQoS技術をVPNソフトに統合

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ソフトイーサ、レイヤー2 VPNでのQoS技術をVPNソフトに統合


掲載日:2006/08/01


News

 ソフトイーサ株式会社は、VPNトンネル内でIP電話などの通信パケットを、ネットワークが混在している場合でも遅延/ジッタを抑えて伝送できる優先制御技術を、開発した。同技術をVPNソフトウェア「PacketiX VPN 2.0」に統合し、マイナーアップデート版「PacketiX VPN 2.0 Option Pack」を8月より提供することを予定している。

 今回開発された技術は、「PacketiX VPN 2.0」によって構成されるレイヤー2 VPNを用いた通信で、QoS処理を可能とする技術。VPNトンネル内を流れる各パケットの優先度情報に応じ、優先制御や帯域確保などを自動的に行なう。これにより、ファイルのダウンロードなど通常の通信パケットが多量にVPN内を流れている場合でも、IP電話のためのVoIPパケットなどを高い優先度でVPN内を伝送させることができ、VPNを経由してIP電話を利用する際の音声品質を向上することができる。同技術は、物理的なネットワーク上のルータなどのハードウェアがQoSに対応しているかどうかにかかわらず使用することができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IP-VPN」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IP-VPN」関連情報をランダムに表示しています。

「IP-VPN」関連の製品

閉域ネットワークサービス EINS/MOW-DCAN 【インテック】
IP-VPN
ユーザ拠点とインテックのDCや各種クラウドサービスをシームレスに接続できる閉域ネットワークサービス。快適で信頼性の高いネットワークを低コストで利用できる。

「通信サービス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20015185


IT・IT製品TOP > 通信サービス > IP-VPN > IP-VPNのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ