日揮情報ソフトウェア、Windowsファイルサーバ監査ツールを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日揮情報ソフトウェア、Windowsファイルサーバ監査ツールを出荷


掲載日:2006/07/28


News

 日揮情報ソフトウェア株式会社は、米ScriptLogic CorporationのWindowsファイルサーバ向け監査ツール「File System Auditor」を、8月10日より出荷する。価格は、初年度メンテナンス込みで13万9000円からとなっている。

 「File System Auditor」は、Windowsサーバ上にあるファイル/フォルダへの操作をログとして保存し、ファイルサーバを監査するための製品。ファイルの読み取りが単一の操作イベントとして記録されるため、管理者は情報を迅速に取り出すことができ、監査ログの容量を抑えることができる。最新のファイルアクセスに関する読み取り/書き込み/削除などのイベントを監査対象ファイルサーバ上でリアルタイムに表示することができる。

 複数の監視対象ファイルサーバに対するイベントをSQL ServerやMSDEに格納し、一元化して保存することができる。日付/時間の範囲、ユーザー、イベント、パス、プロセス、サーバーの6種類のフィルタ条件により監査レポートを表示できるほか、PDF/Excelなどのファイル形式で出力することができる。レポートの条件を保存/再利用することもできる。


出荷日・発売日 2006年8月10日 出荷
価格 初年度メンテナンス込み:13万9000円〜

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「サーバー管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「サーバー管理」関連情報をランダムに表示しています。

「サーバー管理」関連の製品

管理者もユーザも手がかからないファイルサーバ最適化術とは? 【ジャストシステム】 ファイルサーバアクセス統合管理製品 『Varonis DatAdvantage』 【ノックス】 ファイルサーバ統合管理システム「GDMS 4.0」 【ジャストシステム】 高可用性クラスタリングソフトウェア 「CLUSTERPRO D」 【日本電気】 肥大化するデータをどう対処する? ファイルサーバの課題とは 【ジャストシステム】
サーバー管理 サーバー管理 サーバー管理 サーバー管理 サーバー管理
アクセス権の設定や変更、申請・承認フローまで自動化し、アクセス権管理を一元化するシステム。肥大化したファイルサーバを素早く「状況把握」「整理」する機能も有する。 ファイルサーバのアクセス権限を統合的に管理できるファイルサーバアクセス統合管理製品。アクセス制限の棚卸し、可視化、監査、ファイルサーバ運用の効率化を実現する。 アクセス権の設定や変更、申請・承認フローまで自動化し、アクセス権管理を一元化するシステム。肥大化したファイルサーバを素早く「状況把握」「整理」する機能も有する。 業務システムの障害を監視し、障害発生時には業務を健全なサーバに自動的に引き継ぎ、高可用性を実現するHA(ハイアベイラビリティ)クラスタリングソフトウェア。 過半数が「ディスク容量不足」に不安、ファイルサーバの課題にどう対応する?

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20015150


IT・IT製品TOP > 運用管理 > サーバー管理 > サーバー管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ