NEC、コストパフォーマンスを向上したSAN対応ディスクアレイ出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NEC、コストパフォーマンスを向上したSAN対応ディスクアレイ出荷


掲載日:2006/07/27


News

 日本電気株式会社は、SAN対応ディスクアレイ「iStorage S」シリーズで、コストパフォーマンスを向上した中大型機「iStorage S2900」を、8月31日より出荷する。価格は、1174万円からとなっている。

 「iStorage S2900」は、サーバとの接続インターフェースとして4Gbpsと高速なファイバチャネルを搭載したほか、処理性能を強化したディスクアレイコントローラ用マイクロプロセッサ搭載などにより、スループット性能を向上したディスクアレイ。低価格なシリアルATAディスクドライブを搭載でき、信頼性に優れたファイバチャネルディスクドライブと装置内混載することで、同一装置内でのディスクベースのバックアップ/アーカイブコストを削減することができる。

 装置内データレプリケーション機能やスナップショット機能、改ざん防止機能と組み合わせた複数世代のディスクバックアップ環境/アーカイブ環境を低コストで構築可能となっている。シリアルATAディスクは、HDD障害が2台同時に発生してもシステムの継続運用が可能なRAID 6を標準でサポートしている。遠隔地の筐体間コピーによる災害対策を可能とする“SystemGlobe RemoteDataReplication/DisasterRecovery”や、業務を停止せずに負荷状況に応じてキャッシュメモリの動的配置を行なう“SystemGlobe CachePartitioning”などの機能も提供する。また、ディスクドライブなどの追加オプション製品の価格が従来機から最大30%改定され、コストパフォーマンスが向上されている。


出荷日・発売日 2006年8月31日 出荷
価格 1174万円〜

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20015122


IT・IT製品TOP > ストレージ > SAN > SANのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ