マイクロソフト、顧客管理などのためのアプリケーションを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


マイクロソフト、顧客管理などのためのアプリケーションを提供


掲載日:2006/07/27


News

 マイクロソフト株式会社は、顧客管理/営業支援/マーケティング支援のためのアプリケーション「Microsoft Dynamics CRM 3.0」を、9月8日より提供する。

 「Dynamics CRM 3.0」では、CRMツールの“営業”/“マーケティング”/“サービス”の機能を備え、Officeシステムと連携することでそれらの作業をOutlook/Excel/Wordなどの画面から行なうことができる。Outlookに統合されたクライアントシステムにより、営業/サービス/マーケティングのビジネス習慣をそのままに導入できるため、新たなトレーニングの負荷を抑えることができる。

 SQL Server Reporting Serviceと連携することで、優れたレポーティング/分析が可能となる。事務作業や承認プロセスなどをワークフローとして登録することで自動化できるため、作業効率を向上させることができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

「マイクロソフト」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「CRM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CRM」関連情報をランダムに表示しています。

「CRM」関連の製品

営業組織がデジタル変革を推進すると収益はどれだけ成長するのか? 【日本マイクロソフト】 サポート業務の停滞を解消、蓄積データの活用機運を高めた新CRMシステム 【バーチャレクス・コンサルティング】 顧客対応を行う担当者の業務を効率化しながら、対応品質も上げていくには? 【バーチャレクス・コンサルティング】 新規契約取引数30%以上アップ 先進企業は「数十万枚の名刺」をこう使う 【Sansan】 エース級セールス担当になるための「リレーションシップセリング」活用ガイド 【日本マイクロソフト】
CRM CRM CRM CRM CRM
営業組織がデジタル変革を推進すると収益はどれだけ成長するのか? サポート業務の停滞を解消、蓄積データの活用機運を高めた新CRMシステム 顧客対応の現場のノウハウで作られた“痒いところに手が届く”CRM製品とは? 新規契約取引数30%以上アップ 先進企業は「数十万枚の名刺」をこう使う エース級セールス担当になるための「リレーションシップセリング」活用ガイド

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20015120


IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ