事例:日本IBMなど、接続可能な領域の自動判別を行う基盤を構築

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


事例:日本IBMなど、接続可能な領域の自動判別を行う基盤を構築


掲載日:2006/07/25


News

 日本アイ・ビー・エム株式会社と東映アニメーション株式会社は、東映アニメーションにおいて、接続可能な領域の自動判別機能や全作品情報の一元管理が可能な新ネットワークシステムを構築したと、発表した。

 東映アニメーションの従来のシステムでは、各部門ごとに必要なネットワークを随時追加していたため、全社的な一元管理が困難であった。今回構築された新システムでは、使用ユーザーごとの認証情報を基に、システム側でどの領域まで接続可能かを認証VLAN技術を利用して自動的に判別する。社外クリエイターには現在制作中のコンテンツや作品情報への接続を可能とし、社員には制作している最中のものに加え、過去に制作したコンテンツへの接続も許可することができる。

 ネットワークの全社的な一元管理/ログ収集により、障害発生時の容易/迅速な原因特定/対策が可能となる。ファイアウォールやVPN機能などを仮想化/統合化することにより構成の複雑性を解消し、運用を効率化させている。また、従来PCサーバーなどで稼働していたメール/ファイルサーバーなど18台の機能を1台の「IBM eServer i5」に集約することで運用を効率化させた。さらに、従来は各製作部門ごとに独自の媒体で保存していた完成作品の素材データを、IBMのストレージ「IBM Total Storage DS8100」1台に統合する予定。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ファイルサーバ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ファイルサーバ」関連情報をランダムに表示しています。

「ファイルサーバ」関連の製品

スケーラブルなサーバーファームを実現 NeXtScale Sytem nx350 【レノボ・ジャパン株式会社】
ファイルサーバ
宇宙誕生の謎に挑む「Belle II実験」、桁違いの負荷を支えるサーバの正体

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20015099


IT・IT製品TOP > サーバー > ファイルサーバ > ファイルサーバのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ