日商エレ、データ移行の運用を自動化するILMソフトウェアを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日商エレ、データ移行の運用を自動化するILMソフトウェアを発売


掲載日:2006/07/24


News

 日商エレクトロニクス株式会社は、米Arkivio,Inc.のILM(情報ライフサイクル管理)ソフトウェア「Auto-Stor」を、発売した。また、企業でのデータ統合やILMの導入を検討しているユーザー向けに、ファイルサーバの「データ保管・現状分析サービス」を、提供する。

 「Auto-Stor」は、企業のストレージ内に格納された、文書ファイルや画像/音声など非構造データのメタ情報(オーナー/属性/作成/更新日/最終アクセス日など)を収集/分析して移行ポリシーを設定することで、容易にデータマイグレーションが可能なILMソフトウェア。Windows 2003サーバで稼動し、ダブルバイト/日本語GUIに対応している。管理対象サーバ/ストレージはCIFS/NFSのマルチプラットフォームに対応し、エージェントレスで稼動する。設定したポリシーエンジンに基づき、プライマリストレージからセカンダリストレージに対してのデータマイグレーションの運用を自動化することができる。設定可能なアクションは移行/移動/コピー/削除/タグマイグレーションの5つで、非構造データに対してのアクセス頻度や個別のデータの価値付けが可能となる。

 「データ保管・現状分析サービス」では、社内の各所に分散配置されたファイルサーバやNASに格納されたすべての非構造データの保管状況を分析し、重複ファイルや退職者が作成したオーナー不明データ、更新やアクセスが数年以上されていないデータなど様々な視点から傾向分析レポートを作成する。なお価格は、「Auto-Stor」がストレージ1TB/移行累積容量1TBまでの場合でライセンス価格273万円から、「データ保管・現状分析サービス」が1サイトにつき60万円からとなっている。


出荷日・発売日 2006年7月20日 発売
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「NAS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「NAS」関連情報をランダムに表示しています。

「NAS」関連の製品

バッチ処理時間の短縮で実感 オールフラッシュストレージの効果 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】 ハイブリッド型ストレージ Nimble Storage 【アセンテック】 エントリーモデルでも“使える”フラッシュストレージ「m10」 【東京エレクトロン デバイス】 新発想のデータ活用「データレイク」を支えるストレージ条件とは 【日本アイ・ビー・エム】 x86サーバで徹底検証 NVMe対応SSDで実際にどこまで狙えるのか? 【レノボ・ジャパン】
NAS NAS NAS NAS NAS
OpenStack連携・5年保証の実力派フラッシュストレージ導入事例 フラッシュメモリを最適に活用する独自技術「CASL」により高速性とコスト効率を両立するハイブリッド型ストレージ。2010年の発売からわずか3年で世界の1750社が導入。 大規模向けと思われがちなファイバーチャネル接続SANだが、エントリーモデルも見逃せない。検証済み構成で、導入から運用を一括して頼めるフラッシュストレージを紹介。 IoT、ビッグデータ……次世代デジタルデータ分析に必要なストレージ条件とは x86サーバで徹底検証、NVMe対応SSDで実際にどこまで狙えるのか?

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20015076


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ