新技術:NEC、ネットワーク中の迷惑トラフィック摘発技術を開発

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


新技術:NEC、ネットワーク中の迷惑トラフィック摘発技術を開発


掲載日:2006/07/18


News

 日本電気株式会社は、ネットワーク全体に悪影響を及ぼす迷惑トラフィックを摘発するトラフィック監視識別技術を、開発した。

 今回開発された技術は、ネットワーク中を流れるトラフィックの内容を照合せずに、アプリケーション毎に異なる特徴を示す通信の挙動を解析することでリアルタイムにトラフィックのアプリケーションを識別可能とする技術。ネットワーク管理者が通信品質の劣化やセキュリティ上の問題を引き起こす迷惑トラフィックを的確に監視/制御し、優先度の高いトラフィックに帯域を確保するなどの管理を容易に行なうことができる。

 ヘッダ情報の詐称やペイロード情報の暗号化を行なっても通信の挙動は変化しないため、ポート番号やシグネチャに依存せずにアプリケーションを特定できるほか、管理者によるトラフィックの中身の監視が不要となる。通信における信号のやり取りのパターンや、ネットワークを流れるパケットの大きさ、パケット到着間隔などの計測値を複数の統計パラメータについて解析し、解析結果に対する特徴を比較することで様々なアプリケーションに対してリアルタイムでの識別が可能となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ネットワーク管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ネットワーク管理」関連情報をランダムに表示しています。

「ネットワーク管理」関連の製品

セキュリティと運用管理の「4つの課題」を解決 【ネットワールド】 ネットワークが切れる、遅い――モバイルワーカーのストレスをMPMで解決 【NetMotion Software】 「安全で快適なアプリケーション利用」を実現するプラットフォームをどう選ぶ? 【ネットワールド】 古くて新しい「ネットワークの自動化」を現実のものにする具体的な方法 【ジュニパーネットワークス株式会社】 検疫ネットワーク・IT機器管理 iNetSecシリーズ 【PFU】
ネットワーク管理 ネットワーク管理 ネットワーク管理 ネットワーク管理 ネットワーク管理
セキュリティと運用管理の「4つの課題」を解決 ネットワークが切れる、遅い――モバイルワーカーのストレスをMPMで解決 「安全で快適なアプリケーション利用」を実現するプラットフォームをどう選ぶ? 古くて新しい「ネットワークの自動化」を現実のものにする具体的な方法 iNetSecは、企業で利用されているPC・スマートデバイスなどの様々なIT機器の把握・不正接続防止・利用者認証・ポリシー徹底によりセキュリティ対策を支援。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20015023


IT・IT製品TOP > 運用管理 > ネットワーク管理 > ネットワーク管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ