ノベル、ユーザビリティを向上したID管理製品の新版を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ノベル、ユーザビリティを向上したID管理製品の新版を出荷


掲載日:2006/07/14


News

 ノベル株式会社は、アイデンティティ管理製品の新版「Novell Identity Manager 3」(IDM 3)を、7月25日より出荷する。価格は、オープン価格となっている。

 「IDM 3」は、ユーザー権限の設定やワークフロー/監査/レポーティングなどの機能により、内部統制に向けたアクセス環境の整備を支援する製品。WebアプリケーションサーバにJBoss、DBにMySQLを標準で組み込んだほか、開発環境にはEclipseを採用するなどオープン性の向上が図られている。今回の新版では、ユーザビリティを向上するための機能が搭載された。Webベースのユーザーアプリケーションが強化され、組織図の参照や社内アドレス帳検索、ユーザーの詳細情報表示機能、ユーザー自身によるパスワード管理を可能にするパスワードセルフサービス機能が追加された。

 また、プロビジョニングのための承認ワークフローを備えており、“誰がどのリソースへのアクセスを可能にするか”について、申請から承認までプロセスをワークフローベースで設定することができる。承認の階層は最大5階層で、一度の承認に複数人設定可能なほか、個々のユーザーデータに従って設定されていたリソースに対して自動的にアクセス権を授与することができる。

 Eclipseをベースとした開発環境により、開発者を支援するための機能が提供される。オフラインで開発でき、結果を確認した上で実行できるシミュレーション機能や、すべての設定情報を仕様書として文書出力できるドキュメンテーション機能を備えているほか、ポリシーの作成/編集/削除といった設定を容易にするポリシービルダーや、他のプロジェクトを参照しながらの開発や複数のプロジェクトを平行した開発が可能となる機能も備えている。


出荷日・発売日 2006年7月25日 出荷
価格 オープン価格

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ワークフロー」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ワークフロー」関連情報をランダムに表示しています。

「ワークフロー」関連の製品

サイボウズ ガルーン 4(ワークフロー) 【サイボウズ】 Webワークフローソフトウェア『MajorFlow』 【パナソニック ネットソリューションズ】 クラウド型ワークフローシステム「Streamline」 【ミトリ】 基幹システム連携/Webワークフロー基盤 楽々WorkflowII 【住友電工情報システム】 ERP連携ワークフロー EXPLANNER/FL (FlowLites) 【NEC】
ワークフロー ワークフロー ワークフロー ワークフロー ワークフロー
低コストかつ柔軟に構築できる、汎用性の高いワークフローシステム。グループウェアとの連携により、スピーディーかつ漏れのない申請・承認プロセスを実現する。 申請/承認の決裁だけではなく、「経費精算」における仕訳や計上処理、「勤怠」における集計など、業務改善を図る「ビジネスリフォーム機能」満載のワークフローシステム。 PC、スマートフォンやタブレットを利用して、場所を選ばずに申請・承認業務が行える、クラウド型のワークフローシステム。 基幹業務のワークフローシステムを素早く簡単に作成するソフトウェア。単純な申請業務のワークフローならノンプログラミングでも構築可能。海外拠点を想定した多国語対応。 パラメータ設定メインの簡単操作、他システムとの優れた連携性、サーバ単位で導入できるコストメリットなどを特長とするワークフロー専用システム。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20015010


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ワークフロー > ワークフローのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ