PCC、マルチプロトコルに対応可能なUHF帯RFIDリーダライタを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


PCC、マルチプロトコルに対応可能なUHF帯RFIDリーダライタを出荷


掲載日:2006/07/13


News

 パナソニックコミュニケーションズ株式会社は、マルチプロトコルに対応可能なUHF帯RFIDリーダー/ライターを、7月28日よりサンプル出荷する。

 今回出荷されるのは、UHF帯RFIDの次世代国際標準規格“EPC Gen2”に準拠したRFIDリーダー/ライター。ファームウェアを書き換えることで、セキュリティ用途などで使用されているその他のプロトコルにも対応することができる。同製品を核とした認識管理システムを構築することで“EPC Gen2”準拠の無線ICタグを貼り付けた物品などの管理が可能となる。

 使用環境や状況に応じ、読み取りに使用する送信/受信アンテナの送/受の切り替えが可能で、読み取り性能が向上している。遠隔地からネットワークを経由して電波の送信出力値の変更や、アンテナの送信/受信切り替えなどが可能なリモートメンテナンス機能を搭載している。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ID管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ID管理」関連情報をランダムに表示しています。

「ID管理」関連の製品

ユーザーID棚卸ソリューション 「アカンサス」 【NTTテクノクロス】 パブリッククラウドワークロードの保護に必要な10の視点とは? 【パロアルトネットワークス】 消費者に選ばれるサービスを提供し続けるために無視できない「CIAM」とは? 【NRIセキュアテクノロジーズ】 頻発するID詐欺、意識調査で見えた「認証の未来」 バイオメトリクスを考える 【日本アイ・ビー・エム】 ID・アクセス管理 「Identity Governance & Administration」 【EVIDIAN-BULL JAPAN】
ID管理 ID管理 ID管理 ID管理 ID管理
これまで手作業で行ってきたID棚卸の自動化を実現。 パブリッククラウドワークロードの保護に必要な10の視点とは? 消費者に選ばれるサービスを提供し続けるために無視できない「CIAM」とは? 頻発するID詐欺、意識調査で見えた「認証の未来」 バイオメトリクスを考える デジタルアイデンティティ管理機能、拡張RBACモデルによるロールベースのアクセス管理機能等を提供するオールインワンのID管理ソリューション。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20014978


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > ID管理 > ID管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ