日立製作所、前面から組立/調整が可能なリアプロジェクタを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日立製作所、前面から組立/調整が可能なリアプロジェクタを出荷


掲載日:2006/07/12


News

 株式会社日立製作所は、LCOS(反射型液晶素子)方式の業務用リアプロジェクタで、前面から組み立て/調整が可能な“フロントメンテナンス構造”を採用したモデルを、7月14日より出荷する。価格は、オープン価格となっている。

 今回出荷されるモデルは、1面あたり50インチXGA(1024×768ドット)のリアプロジェクタ。2×2面のマルチスクリーン設置も可能となっている。コントラスト比は1500:1、輝度は1000cd/平方メートルを達成している。“フロントメンテナンス構造”により保守/交換のための背面スペースが不要で、壁際に沿って設置できるため、従来比約2分の1の省スペースが可能となる。高速ランプオートチェンジャも搭載している。


出荷日・発売日 2006年7月14日 出荷
価格 オープン価格

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20014966


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プロジェクター > プロジェクターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ