マプコン、地図情報と連携した福祉/防災システムを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


マプコン、地図情報と連携した福祉/防災システムを発売


掲載日:2006/07/07


News

 株式会社マプコンは、内閣府防災担当が作成した“災害時要援護者の避難支援ガイドライン”の趣旨に沿った災害弱者救済/支援システム「福祉・防災システムWelaDips」を株式会社オースギと共同開発し、7月13日より発売する。

 「WelaDips」は、自治体が日常的に収集/把握している要援護者に関する情報を災害時の避難計画の策定に利用し、避難活動の支援を適切に行なうための、地図情報と連携したシステム。台帳をメインとして利用し必要に応じて地図を呼び出す「台帳メイン」と、地図情報をメインとして活用し必要に応じ台帳の情報を呼び出す「地図情報メイン」の2つのシステムが1パッケージとなっている。

 高齢者/障害者といった福祉/介護対象者の詳細情報の管理や情報把握が可能となるほか、緊急時の迅速な救援活動の支援や、児童福祉を含めた総合福祉の支援などの機能を備えている。訪問介護や支援履歴の日誌を標準装備しており、介護担当業務の引き継ぎや日常業務の効率化の支援も行なうことができる。危機防災業務では、要援護者の詳細情報の把握により災害時の支援計画をサポートできるほか、災害時の連絡体制の確保と救援活動の支援、防災施設の維持管理/現状把握の支援が可能となっている。

 システム管理者以外への個人情報漏洩を防止するための機能も備えている。システム管理者によるグループ分けを行なうことで、システムログイン時のIDとパスワードによってグループを判別し、関係者が閲覧/データ更新などの利用できる範囲に制限などを行なうことができる。さらに、いつ/誰が/どのような操作を行なったなど、すべての利用状況の履歴がログ情報として保管される。なお価格は、5年契約方式の場合で年額25万2千円から、買取方式の場合は126万円から(いずれも税込)となっている。


出荷日・発売日 2006年7月13日 発売
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20014920


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > GPS > GPSのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ