日本NCR、DWH用のMPPサーバとLinux版「Teradata」DBを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本NCR、DWH用のMPPサーバとLinux版「Teradata」DBを発売


掲載日:2006/07/06


News

 日本NCR株式会社は、1ノードあたりのパフォーマンスを向上したDWH用のMPP(超並列処理)サーバ「NCR 5450E/NCR 5450H」と、64ビット版Novell SUSE Linuxでも稼動するDB「Teradata V2R6.1.1」を、発売した。

 「5450E/5450H」は、ハイパースレッディング/EM64T対応のXeonプロセッサ(3.8GHz)を2つ搭載したSMP(対称型マルチプロセシング)構成のノードコンポーネントを、同社の高速相互接続機構で複数疎結合したMPPサーバ。ユーザーのビジネス拡大に合わせて発生するデータ処理件数の増加や意思決定の高度化、ワークロードの複雑化などに対応するため、1〜1024ノード、2〜2048CPU、6GB〜6TBメモリまで拡張することができる。拡張の際、アプリケーションやDB、ツール、ユーティリティの書き直しは不要となっている。

 6世代前までのNCRサーバと共存できるように設計されており、現行の「5400」サーバからのアップグレードが可能となっている。DWHを拡張する場合は、既存のサーバを利用しながらNCRサーバを順次追加することができる。「5450H」は、ペタバイトクラスの大規模DWHまで拡張できるほか、ホットスタンバイノードや8ノードクリークをサポートし、信頼性を向上している。「5450E」は、最大4ノードの拡張性を備えており、ユーザーサイトで「5450H」へ容易にアップグレードすることができる。OSは、Novell SUSE Linuxや、NCR UNIX SVR4 MP-RAS 3.03、Windows Server 2003 Enterprise Editionに対応している。

 「Teradata」は、様々なユーザーに意思決定や業務遂行のための知識を提供する商用意思決定支援システム。今回発売されるLinux版DB「Teradata V2R6.1.1」は、SUSE Linux Enterprise Server 9に対応し、4.2ペタバイトまでのデータ拡張性を備えている。


出荷日・発売日 2006年7月5日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「DWH」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「DWH」関連情報をランダムに表示しています。

「DWH」関連の製品

戦略情報会計システム OPEN21 SIAS 【ICSパートナーズ】 ビッグデータ分析プラットフォーム Data Platform for Analytics 【NEC】 超高速データ分析専用データベース Vertica 【アシスト】
DWH DWH DWH
決算業務処理の機能に加え、「エビデンスなどの関連情報のLINK機能」、「会計情報の分析加工用のBI機能」を搭載した、マネジメント・データウェアハウス。 「超高速」「簡単導入」「低コスト」のデータ分析DWHアプライアンス。圧倒的なパフォーマンスを持ちながらもチューニングの手間は最小限。多種多様な分析を瞬時で実行。 大量データを超高速に処理する列指向型データベース。システム拡張も柔軟かつ低コストで実現可能であり、圧倒的なパフォーマンスでビジネスの迅速な意思決定を支援。

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20014910


IT・IT製品TOP > データ分析 > DWH > DWHのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ