ロジテック、ミラーリングディスク搭載のボックス型NASを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ロジテック、ミラーリングディスク搭載のボックス型NASを発売


掲載日:2006/07/06


News

 ロジテック株式会社は、ミラーリングディスク搭載のボックス型NAS「LSS-MR」シリーズを、8月上旬より発売する。

 「LSS-MR」シリーズは、ネットワークに接続することで、容易にクライアントのWebブラウズからファイル共有を設定できるボックス型NAS。設定用の特殊なツールは不要で、容易に運用を開始することができる。NAS OSにはWindows Storage Server 2003を搭載しており、Windowsクライアントとの親和性に優れ、MacintoshやLinuxクライアントにも対応している。

 本体に搭載した2台のSATA(Serial AT Attachment)HDDによりRAID1のミラーリングを行なうことができる。故障の際もシステムを停止させずにHDDを交換できるホットスワップ機能や、障害時にメールで通知する機能を搭載している。CPUはCeleron D(2.4GHz)、メモリは512MB搭載しているほか、ギガビットイーサネット(1000BASE-T)に対応している。なお価格は、250GBの「LSS-MR250W」が24万8000円、300GBの「LSS-MR300W」が29万8000円、400GBの「LSS-MR400W」が34万8000円、500GBの「LSS-MR500W」が39万8000円となっている。


出荷日・発売日 2006年8月上旬 発売
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「NAS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「NAS」関連情報をランダムに表示しています。

「NAS」関連の製品

SSDがオールフラッシュストレージのベストな選択といえるのか? 【日本アイ・ビー・エム】 「データレイク」設計のカギとなる3種類のストレージ 【日本アイ・ビー・エム】 フラッシュ3PARシリーズはどれだけ役立つ? 7つの切り口で検証 【日商エレクトロニクス】 IoT活用を見据えた、SSDを超えるオールフラッシュ基盤の選び方 【日本アイ・ビー・エム】 データ活用が進むほど重要度が高まるストレージ、選定ポイントは 【日本アイ・ビー・エム】
NAS NAS NAS NAS NAS
SSDがオールフラッシュストレージの“ベスト”な選択といえるのか? データを真に利活用する「データレイク」設計のカギとなる3種類のストレージ 3PARシリーズを徹底検証! フラッシュストレージの基本性能〜障害耐性まで解明 IoT活用を見据えた、“SSDを超える”オールフラッシュ基盤の選び方 データ活用が進むほど重要度が高まるストレージ その理由と製品選定のポイント

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20014908


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ