オートデスク、土木用3次元CADにGoogle Earthとの連携機能提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


オートデスク、土木用3次元CADにGoogle Earthとの連携機能提供


掲載日:2006/06/30


News

 米オートデスクは、3次元土木設計ソリューション「Autodesk Civil 3D 2007」に、米グーグルの地理情報ソフトウェア「Google Earth」との連携機能を追加するツール「Autodesk Civil 3D 2007 Extension for Google Earth−Technology Preview」の無償提供を、開始した。

 「Autodesk Civil 3D 2007 Extension for Google Earth−Technology Preview」は、「Autodesk Civil 3D」で作成したオブジェクトや設計データを「Google Earth」へ容易にパブリッシュできる土木エンジニアや測量技師向けのソフト。無償版「Google Earth」と、有償の「Google Earth Plus」/「Google Earth Pro」に対応している。ウィザードタイプのインターフェースを利用し、パブリッシュしたいポイント/区画/線形/コリドーモデルなどのデータや、その表示方法を自由にコントロールすることができる。

 「Google Earth」内で直接開ける“KML(Keyhole Markup Language)ファイル”を作成できるため、関係者はWebアプリケーションを介して設計プロジェクトを確認/指示することができる。さらに「Google Earth」内に建築物/交通網などのデータの画層を追加できるため、サブジェクトサイトを周辺コンテキストの追加により拡張することもできる。また、道路のセンターラインに沿って走行した際に見える景色や、特定地点のスナップショットを確認できるビジュアライゼーション機能を組み込むことで、プロジェクトの対象を様々な視点から確認することができる。なお、「Autodesk Civil 3D 2007」日本語版は、同ツール(英語版)に対応している。


出荷日・発売日 −−−
価格 無償

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「CAD」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CAD」関連情報をランダムに表示しています。

「CAD」関連の製品

3次元CAD「SOLIDWORKS」 【NEC】
CAD
豊富な2次元/3次元設計機能を備え、直感的な操作と高パフォーマンスを実現した3次元CAD。価格と機能のバランスの取れたミッドレンジ製品であり、国内トップシェアを誇る。

「PCソフト」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20014862


IT・IT製品TOP > PCソフト > CAD > CADのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ