ニューテック、4Gbファイバチャネル対応RAIDサブシステムを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ニューテック、4Gbファイバチャネル対応RAIDサブシステムを発売


掲載日:2006/06/29


News

 株式会社ニューテックは、4Gbファイバーチャネルに対応したRAIDサブシステム「SweeperStor」を、8月下旬より発売する。

 「SweeperStor」は、2UラックマウントサイズにSAS/SATAドライブを12台実装可能なRAIDサブシステム。RAIDコントローラはRAID 0/1/3/5/10/50に対応しており、冗長構成時にはHDDの単一障害でもデータを保護することができる。シングルタイプとデュアルタイプが用意され、キャッシュのデータを保護するスーパーキャパシタ“UltraCAP”が標準で実装されている。JBOD(拡張筐体)の増設で最大60ドライブ/30TBまで拡張することができる。

 電源/ACラインが2重化されているほか、高速キャッシュテクノロジー“UltraCache”を採用し、データバスと通信バスの2重構造でパフォーマンスを向上している。SNMP/Web GUIによるリモート監視も可能となっている。


出荷日・発売日 2006年8月下旬 発売
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他ストレージ関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他ストレージ関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他ストレージ関連」関連の製品

“匠の技”を必要としない自動運用――次世代インフラを支えるストレージとは? 【三井情報+他】 24時間稼働のフラッシュストレージがもたらすビジネスメリットとは? 【ネットアップ】 高度な物流サービスを支えるストレージ、オールフラッシュ刷新でIOPSが16倍に 【EMCジャパン】 障害から迅速な業務復旧が求められる医療基盤で復旧ポイントを15分前へ大幅短縮 【日本ヒューレット・パッカード】 オールフラッシュアレイ導入のヒント、これだけは知っておきたい5つの評価基準 【ネットアップ】
その他ストレージ関連 その他ストレージ関連 その他ストレージ関連 その他ストレージ関連 その他ストレージ関連
もはや“匠の技”は必要ない? 次世代インフラに最適なストレージ運用とは 24時間稼働のフラッシュストレージがもたらすビジネスメリットとは? 高度な物流サービスを支えるストレージ、オールフラッシュ刷新でIOPSが16倍に 障害から迅速な業務復旧が求められる医療基盤で復旧ポイントを15分前へ大幅短縮 オールフラッシュアレイ導入のヒント、これだけは知っておきたい5つの評価基準

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20014840


IT・IT製品TOP > ストレージ > その他ストレージ関連 > その他ストレージ関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ