NTT西日本、野生鳥獣による農作物被害の防止支援システムを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTT西日本、野生鳥獣による農作物被害の防止支援システムを提供


掲載日:2006/06/28


News

 西日本電信電話株式会社は、野生鳥獣による農作物被害の防止を支援するため、住民などによる“追い払い”活動を支援する「鳥獣害(猿害)対策支援システム」の提供を、開始した。

 「鳥獣害(猿害)対策支援システム」は、農作物に被害を及ぼす野生鳥獣に無線ICタグを装着して生態/行動を把握し、野生鳥獣の田畑などへの接近を住民などに通知するシステム。サルによる農作物被害の対策として、“追い払い”活動を支援するため、20〜30頭の群れで行動するサルの1頭にRFIDタグを装着し、そのサルが監視エリア内に侵入した際に、RFIDタグの情報が直ちにメールなどで住民へ通知される。これにより、サルの接近情報を受け取った住民などが迅速に田畑へ赴き、サルの群れを追い払うことが可能となるほか、サルの接近情報をメールなどで自動的に通知するため、住民などによる常時監視が不要となる。

 野生鳥獣に装着したRFIDタグの受信データを蓄積することで、該当地域での野生鳥獣の生態調査などに活用することもできる。また、群れの行動パターンを把握/分析することで、事前の対策も可能となる。RFIDタグには、タグをアクセスポイントとして利用し、情報をタグからタグへ次々と伝達する“マルチホップ機能”が搭載されており、監視エリア内にタグを複数設置することで、通信設備の設置困難な山間部などでもシステムの構築が可能となっている。必要電波法に準拠した特定小電力の429MHz帯の電波を利用するため、無線免許の申請や無線従事者の配置は不要となっている。なお価格は、監視装置一式、RFIDタグ1個、サーバ、アプリケーションソフトウェアなど含み210万円(税込)からとなっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 一式:210万円(税込)〜

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ID管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ID管理」関連情報をランダムに表示しています。

「ID管理」関連の製品

特権ID管理 iDoperation(アイディーオペレーション) 【NTTソフトウェア】 特権ID管理 CA Privileged Identity Manager 【アシスト】 プロビジョニング管理システム「D-PLAMS」 【ディライトテクノロジー】 オープンソース統合ID管理 Unicorn ID Manager 【オープンソース・ソリューション・テクノロジ】 ID管理ソリューション 結人・束人 【インテック】
ID管理 ID管理 ID管理 ID管理 ID管理
今求められるIT統制に対応でき、管理(ID貸出、パスワード変更、ログつきあわせ、ID棚卸等)を自動化できる特権ID管理製品。人手作業は利用申請・承認、点検結果確認となる 「OSでは満たせないあらゆるイベントのアクセス制御」と「特権/共有アカウントのパスワード貸出制御」を実現できる特権ID管理製品。 アカウント管理のニーズに柔軟に応えるID管理パッケージ。データのコード体系を選ばず、ほぼすべてのシステムと連携できる。オンプレミスまたはクラウドサービスで提供。 複数システムのID管理情報を一括管理するオープンソースの統合ID管理ソフトウェア。過剰な機能を抑え必要な機能に絞ることで、低価格での提供を実現している。 システムごとに存在するID情報の一元管理を実現する。異なるシステム間のデータ同期に加え、ID情報のライフサイクルを管理し、煩雑なID管理業務の負担を軽減する。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20014822


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > ID管理 > ID管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ