NEC、UML 2.0に対応した分析/設計ツールを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NEC、UML 2.0に対応した分析/設計ツールを提供


掲載日:2006/06/27


News

 日本電気株式会社は、システム設計図表記法の国際標準UML 2.0に対応した分析/設計ツール「SystemDirector Application Modeler」を、7月31日より提供する。

 「SystemDirector Application Modeler」は、UML 2.0に対応した入力編集機能“UMLエディタ”と、モデルが適切かどうかを確認する“検証ツール”、UMLエディタのデータからC/Java/C++のソースコードを自動生成する“ジェネレータ”から構成されるツール。上流工程の設計からソースコード生成までを一貫して行ない、プログラミング工程を短縮して、システム開発の効率を最大10倍に向上することが可能となる。

 UMLエディタでは、アイコンを組み合わせることで視覚的にシステム設計でき、検証ツールと組み合わせることで分析/設計工程の正確性を向上させることができる。さらにUMLエディタによって設計されたデータは国際標準のデータ形式“XMI2.0”に準拠して出力されるため、Eclipse(オープンソースの開発環境)用ソフトなどで利用することもできる。なお価格は、モデル検証の「Validator Level1」が3万円、自動生成の「C Generator Level1」が50万円で、UMLエディタがダウンロード方式により無償提供される。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20014806


IT・IT製品TOP > 開発 > 開発言語 > 開発言語のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ