野村IR、IRサイト作成支援ソフトウェアの新バージョンを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


野村IR、IRサイト作成支援ソフトウェアの新バージョンを発売


掲載日:2006/06/26


News

 野村インベスター・リレーションズ株式会社(野村IR)は、IRサイト作成支援ソフトウェアの新バージョン「irbridgeASP 3.0」を株式会社マクニカと共同開発し、7月1日より発売する。

 「irbridgeASP 3.0」は、あらかじめ用意されたテンプレートにコンテンツを入力することで容易にIRサイトを作成できるソフト。個別企業にあわせたデザインレイアウトが可能で、デザインとデータを別々に管理することで将来的なデザインの一括変更にも対応することができる。管理画面にFlashを採用し、Webアプリでありながら専用アプリケーションの感覚でコンテンツを管理できるほか、HTMLエディタの搭載によりワープロ感覚でコンテンツを作成することができる。

 ワークフローエンジンを搭載することでIRサイトのための“承認”などの機能を実現できるほか、管理用サーバーと公開用サーバーを完全に切り離すことで改竄などの不正アクセスを防止することができる。IP制限も可能となっている。なお価格は、日本語版が初期費用40万円/月額15万円、インターナショナル版(日本語版/英語版)が初期費用50万円/月額20万円となっている。


出荷日・発売日 2006年7月1日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ワークフロー」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ワークフロー」関連情報をランダムに表示しています。

「ワークフロー」関連の製品

ワークフローシステム導入で失敗しないための3つのポイント 【Donuts】 稟議・回覧クラウド 承認Time 【SBIビジネス・ソリューションズ】 OpenCube Workflow 【NTTデータ・スマートソーシング】 Business WorkFlow 【新日本コンピュータマネジメント】 ERP連携ワークフロー EXPLANNER/FL (FlowLites) 【NEC】
ワークフロー ワークフロー ワークフロー ワークフロー ワークフロー
ワークフローシステム導入で失敗しないための3つのポイント 稟議、捺印申請をはじめ、社内文書をWeb上で申請・承認できるワークフロー・クラウドサービス。複数承認ルートや項目の自由設定、一斉報告フローなどの設定が可能。 業務の可視化や改善、内部統制にも使えるソフトウェアパッケージ。 TCOを下げたい企業に最適。
Webフォームのほか、Word、Excelも回覧できる、高機能ワークフローソフト。
サーバライセンスでユーザ数に関係なく多彩な文書をWeb上で管理できるワークフローシステム。簡単操作で管理・運用ができる。中国語を含む多言語での運用実績もある。 パラメータ設定メインの簡単操作、他システムとの優れた連携性、サーバ単位で導入できるコストメリットなどを特長とするワークフロー専用システム。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20014790


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ワークフロー > ワークフローのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ