シマンテック、ストレージ内データ保管状況の評価サービスを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


シマンテック、ストレージ内データ保管状況の評価サービスを提供


掲載日:2006/06/23


News

 株式会社シマンテックは、日本版SOX法の導入準備を支援する「ITリスクアセスメントサービス」を構成するメニューの1つとして、ストレージのリソース管理を行なう「Stored Content Reviewサービス」(データ保管状況レビューサービス)の提供を、開始した。

 「Stored Content Reviewサービス」は、ストレージのリソース管理を行なう「VERITAS CommandCentral Storage」と「VERITAS Storage Exec」を利用し、ストレージ使用状況分析、ストレージ運用状況トレンド、ストレージの今後の予測(増加、変更)、現状の問題点と改善案の4点からデータの保管状況とストレージ利用状況を評価するサービス。ストレージに保管されるデータの管理状況と、ストレージの利用状況を評価し、適切なストレージ管理の方法を提案する。

 企業全体や部署で利用するファイルサーバなどストレージ内のデータの保管状況を具体的に把握し、ストレージを効率的に管理するための情報が提供される。また、将来のストレージシステムの変更のための情報を提供し、ストレージのTCO削減のためのソリューションも提示される。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他ストレージ関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他ストレージ関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他ストレージ関連」関連の製品

横浜銀行が実践、「会えないお客さま」に効果的にアプローチする仕組みとは? 【日本アイ・ビー・エム】 これからのオールフラッシュアレイはどこで差がつく? 選定時に注目すべき機能 【Dell EMC】 高速なだけじゃない、安定稼働を実現するフラッシュストレージの注目機能とは 【東京エレクトロン デバイス】 リアルタイムデータに基づく意思決定と製品力向上を支えるストレージ基盤とは 【日本アイ・ビー・エム】 「フラッシュストレージ」に関するアンケート 【日本アイ・ビー・エム】
その他ストレージ関連 その他ストレージ関連 その他ストレージ関連 その他ストレージ関連 その他ストレージ関連
横浜銀行が実践、「会えないお客さま」に効果的にアプローチする仕組みとは? これからのオールフラッシュアレイはどこで差がつく? 選定時に注目すべき機能 高速なだけじゃない、安定稼働を実現するフラッシュストレージの注目機能とは リアルタイムデータに基づく意思決定と製品力向上を支えるストレージ基盤とは Amazonギフト券3000円が当たる:「フラッシュストレージ」に関するアンケート

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20014784


IT・IT製品TOP > ストレージ > その他ストレージ関連 > その他ストレージ関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ