SEI、多言語に対応したワークフローシステムを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


SEI、多言語に対応したワークフローシステムを出荷


掲載日:2006/06/23


News

 住友電工情報システム株式会社は、多言語に対応したワークフローシステム「楽々WorkflowII Ver.3」を、7月31日より出荷する。

 「楽々WorkflowII」は、ワークフローシステムの早期構築と容易な運用が可能なシステム。簡便な申請業務のワークフローであれば、ノンプログラミングでシステムを構築することができる。さらに住友電気工業株式会社のJava開発環境「楽々FrameworkII」と併用することで、基幹業務のワークフローシステムを容易に構築することもできる。

 今回出荷される「楽々WorkflowII Ver.3」は、多言語に対応しており、あらかじめ登録しておくことで、ログイン時の画面を利用者の母国語で自動表示することができる。標準で使用できる言語は日本語/英語/中国語の3ヵ国語で、同システムが出力するメッセージやタイトル、ボタンの表示(3000種類)を使用したい言語にいつでも切り替えることができる。

 1つのワークフローシステムを複数の海外拠点で共有しながら個別に運用することが可能で、システム投資を抑えることができる。DBは、DB2に加えOracleに対応しており、導入企業のシステム環境に合わせた柔軟な構成が可能となっている。なお、1CPUあたりのパッケージライセンス価格は、Linux版/Windows版が250万円、UNIX版が350万円などとなっている。


出荷日・発売日 2006年7月31日 出荷
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ワークフロー」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ワークフロー」関連情報をランダムに表示しています。

「ワークフロー」関連の製品

デジタル変革のスタートは“紙に依存したプロセス”の脱却から 【アドビ システムズ】 クラウド型作業報告システム SmartAttack 【ソフトバンク コマース&サービス】 大手・中堅向けワークフロー AgileWorks(アジャイルワークス) 【エイトレッド】 OpenCube Workflow 【NTTデータ・スマートソーシング】 ERP連携ワークフロー EXPLANNER/FL (FlowLites) 【NEC】
ワークフロー ワークフロー ワークフロー ワークフロー ワークフロー
デジタル変革のスタートは“紙に依存したプロセス”の脱却から スマートフォン/タブレット(iOS、Android)などを用いて、即座の現場報告&報告書自動作成を実現できるクラウドサービス。報告業務の効率化・標準化・高度化を実現。 組織改変・人事異動に強いワークフロー。人事システムとの密な連携が可能。高度なフロー制御をもつことで、社内の意思決定プロセスをすべてフロー化することができる。 業務の可視化や改善、内部統制にも使えるソフトウェアパッケージ。 TCOを下げたい企業に最適。
Webフォームのほか、Word、Excelも回覧できる、高機能ワークフローソフト。
パラメータ設定メインの簡単操作、他システムとの優れた連携性、サーバ単位で導入できるコストメリットなどを特長とするワークフロー専用システム。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20014780


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ワークフロー > ワークフローのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ