日本HP、仮想化/自動化環境向けのブレードシステムを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本HP、仮想化/自動化環境向けのブレードシステムを出荷


掲載日:2006/06/16


News

 日本ヒューレット・パッカード株式会社は、ブレードシステム「HP BladeSystem c-Class」の主要コンポーネントとなるエンクロージャ/ブレードサーバを、8月上旬より順次出荷する。

 「HP BladeSystem c-Class」は、仮想化/自動化環境のデータセンタを構築可能とするためのプラットフォーム。ブレードサーバの移動時/交換時にLANやSANの設定を変更せずに、サーバが移動先で同じ設定を使用できる“HPバーチャルコネクトテクノロジ”が搭載されている。システム管理に関わる様々な作業の各工程の効率化に加え、工程自体の簡素化を図った技術“HPインサイトコントロール”が採用されており、エンクロージャにはブレードサーバやファン、電源などのコンポーネントを監視する装置“HP Onboard Administrator”が搭載されている。これにより、HPサーバ製品共通の管理ソフトウェア「HP Systems Insight Manager」や、本体前面に搭載された液晶画面を通じ、システムの動作状況と必要な操作を視覚的に確認でき、迅速な対応が可能となる。

 さらに、「HP BladeSystem」の監視と管理を簡素化するためのソフトウェアをパッケージ化した「HP Insight Control Data Center Edition」により、システムのプロビジョニングや復旧作業、パッチのインストールなどの工程を効率化することができる。ラックやデータセンター自体の設計までを含めた同社の“HPサーマルロジック(冷却手法)”に基づいた機能が実装されており、同時に発売される水冷式ラック「HPモジュラークーリングシステム」も同サーマルロジックに基づいて開発されている。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20014697


IT・IT製品TOP > サーバー > クラスタリング > クラスタリングのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ