提携:SAPジャパンとNEC、製造業における製品開発領域で協業

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携:SAPジャパンとNEC、製造業における製品開発領域で協業


掲載日:2006/06/15


News

 SAPジャパン株式会社と日本電気株式会社は、製造業における設計図面やBOM(部品表)など製品開発に関わる様々な技術情報を製品ライフサイクル全体に渡って管理するPLM(Product Lifecycle Management)領域で協業すると、発表した。

 今回の協業では、NEC製PLMソフトウェア「Obbligato II」とSAPジャパンのERPパッケージ「mySAP ERP」を連携するソフトウェアを、統合アプリケーションプラットフォーム「SAP NetWeaver」上でNECが開発し、これを搭載した「Obbligato II」を第3四半期より出荷する。また、ERPと連携したPLMソリューションについて、電気/電子機器業界を中心とした組立製造業向けに両社共同のマーケティング/販売活動を行なう。これにより、SAP製品のユーザーは、統合BOM管理機能など国内製造業特有のニーズに柔軟に対応できる「Obbligato II」を短期間で導入することができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ERP」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ERP」関連情報をランダムに表示しています。

「ERP」関連の製品

現場に支持される旧システムを刷新、ERP導入を成功させた4つの秘訣とは? 【SAPジャパン】 グローバル対応ERP Exact Globe Next 【JBAプロセス・イノベーション・コンサルティング】 クラウドERPシステム「NetSuite」 【ネットスイート】 中堅・中小企業の3大課題、リソース・お金・戦略の不足を解消する最短ルートは 【SAPジャパン】 GRANDIT 【双日システムズ】
ERP ERP ERP ERP ERP
現場に支持される旧システムを刷新、ERP導入を成功させた4つの秘訣とは? 会計/販売/購買/在庫/プロジェクト管理を標準装備し、各業務で必要な機能を網羅しているため、カスタマイズを最小限に抑え、低コスト・短期間での導入が可能なERP。 ERP/財務会計、CRM、Eコマースを含む主要な業務アプリケーションの機能を、統合された1つのクラウドサービスとして提供。 中堅・中小企業の3大課題、リソース・お金・戦略の不足を解消する最短ルートは 基幹業務に留まらず、ワークフロー、BI、ECなどを標準機能で統合した純国産のWeb-ERP。双日システムズによるアドオンテンプレートの提供も。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20014679


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ