CTCSP、Solaris対応のレプリケーションソフトウェアを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


CTCSP、Solaris対応のレプリケーションソフトウェアを発売


掲載日:2006/06/14


News

 シーティーシー・エスピー株式会社は、米XOSoftのデータレプリケーション製品「WANSync」/「WANSync HA(クラスタ構成)」を、6月15日より発売する。

 「WANSync」/「WANSync HA」は、Windows Serverに加えSolarisに対応した、ホストベースの非同期型レプリケーションソフトウェア。日/時/分といったデータ変更情報をサーバ上で保存し、災害や障害発生時、データ欠損時などに任意のデータ複製ポイントまで戻って復元する“Rewind技術”を搭載している。また、Solaris to Linux(対応予定)やSolaris to Windowsなど、異種OS間でもデータのレプリケーションが可能となっている。なお価格は、Solaris対応の「WANsync for Solaris」が90万円(サーバ単位)などとなっている。


出荷日・発売日 2006年6月15日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他ストレージ関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他ストレージ関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他ストレージ関連」関連の製品

アイドルグループの映像制作、快適なマルチカム編集を支えるストレージの実力は 【日本アイ・ビー・エム】 予算不足や環境変化など「ミッドレンジITの4課題」はストレージで解決できる 【Dell EMC】 “匠の技”を必要としない自動運用――次世代インフラを支えるストレージとは? 【三井情報+他】 これからのオールフラッシュアレイはどこで差がつく? 選定時に注目すべき機能 【Dell EMC】 オールフラッシュ時代が本格到来 コスパと品質を備えたラインアップとは 【Dell EMC】
その他ストレージ関連 その他ストレージ関連 その他ストレージ関連 その他ストレージ関連 その他ストレージ関連
アイドルグループの映像制作、快適なマルチカム編集を支えるストレージの実力は 予算不足や環境変化など「ミッドレンジITの4課題」はストレージで解決できる もはや“匠の技”は必要ない? 次世代インフラに最適なストレージ運用とは これからのオールフラッシュアレイはどこで差がつく? 選定時に注目すべき機能 オールフラッシュ時代が本格到来 コスパと品質を備えたラインアップとは

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20014659


IT・IT製品TOP > ストレージ > その他ストレージ関連 > その他ストレージ関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ