シンクプラス、「SyncShop」テクノロジなどのセキュリティを強化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


シンクプラス、「SyncShop」テクノロジなどのセキュリティを強化


掲載日:2006/06/07


News

 株式会社シンクプラスは、Webコミュニケーション統合プラットフォーム「Sync+」と接客型Webアプリケーション「SyncShop」のテクノロジー搭載システムのセキュリティを強化するミドルウェア「SyncPermit」を、提供する。

 「SyncPermit」は、エクストリーク株式会社のWebアプリケーションのミドルウェア製品。HTTPSページでの情報共有をコミュニケーションポリシーに応じたページの開示許可/拒否で柔軟に対応できるほか、ページごとの用途に合わせたセキュアタイプを選択/設定することができる。全てのセキュアタイプにおいて、情報開示側のポリシーや、ユーザーの意思を確認しながら情報を共有でき、プライバシー情報を適切に保護しながら信頼性に優れたWebコミュニケーションが可能となっている。

 また、ルータ間などのセキュリティ強化には、電子政府推奨暗号などのアルゴリズムに対応した株式会社シーフォーテクノロジーの暗号ライブラリ「C4 Certified Suite」を採用している。なお価格は、「SyncPermit License」が100万円、「SyncPermit License」の年間保守が18万円となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

「シンクプラス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連の製品

これからのインフラ構築の“新標準”、「高セキュリティHCI」を解剖する 【トレンドマイクロ株式会社】 多様化する脅威に立ち向かうCSIRT、ジャパンネット銀行が体得した3つのコツ 【富士通株式会社】 「後で確認します」をやめたら販売数が伸びた? 頼られるパートナーへ第一歩 【ソフトバンク コマース&サービス】 水道事業や教育、高速バスなど独自性の高い現場に刺さったITツールとは? 【富士通】 「GDPR」「改正個人情報保護法」を乗り切る“これからの情報保護”の在り方とは 【シマンテック】
その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連
インフラの俊敏性を最大限に引き出す「高セキュリティHCI」とは 多様化する脅威に立ち向かうCSIRT、ジャパンネット銀行が体得した3つのコツ セキュリティ製品は優れた機能やコストメリットをアピールするが、どんな使い方が適切なのかは教えてくれない。質問された時、スムーズに答えるためにはどうすればいいか。 水道事業や教育、高速バスなど独自性の高い現場に刺さったITツールとは? 「GDPR」「改正個人情報保護法」などの新たな法制度に加え、クラウドやモバイル環境の普及で情報保護対策の見直しを迫られている企業は少なくない。何から着手すべきか。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20014581


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > その他エンドポイントセキュリティ関連 > その他エンドポイントセキュリティ関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ