日本IBM、ソフトウェア開発での統制を支援する開発ツールを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本IBM、ソフトウェア開発での統制を支援する開発ツールを出荷


掲載日:2006/06/07


News

 日本アイ・ビー・エム株式会社は、企業のソフトウェア開発における統制を支援する製品「IBM Rational Software Development Platform V7.0」(Rational SDP V7.0)を、6月7日より順次出荷する。

 「Rational SDP V7.0」は、日本版SOX法へのITの対応に関して、IT全般統制でのソフトウェア開発の“プログラム変更”の領域を支援するソフトウェア開発ツール。ソフトウェア開発における変更プロセスを管理する「IBM Rational ClearQuest V7.0」や、ソフトウェアの開発工程で作成されるプログラムコード/仕様書/テストといった成果物の構成を管理する「IBM Rational ClearCase V7.0」、ソフトウェアの配布プロセスを自動化するビルド(構築成果物)管理とリリース管理のための「IBM Rational Build Forge V7.0」といったツールから構成されている。

 プログラム変更のための承認手順、権限のある担当者が変更を行なうID管理、テストの実施と結果の文書化といった、IT全般統制の作業が実施可能となる。また、「Rational ClearQuest」のもつワークフロー機能により、開発者/テスト担当者/運用管理者の職務分離の強化が可能となる。プログラムの開発が完了した後の構築作業と、実行可能なソフトウェアを実稼働環境に配布する作業が自動化されており、構築作業や配布作業におけるミスの削減を図ることができるほか、権限をもたない担当者による不正なアクセスを防止することができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

「日本IBM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「開発ツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「開発ツール」関連情報をランダムに表示しています。

「開発ツール」関連の製品

「FinTech」の最前線、住信SBIネット銀行がAPI公開で得た効果 【日本アイ・ビー・エム】 複合機を使ったIoTサービス拡大も視野に、拠点間システム連携基盤の作り方 【日本アイ・ビー・エム】 デジタルトランスフォーメーション時代に企業がAPI管理に注目すべき理由とは 【CA Technologies】 セブン銀行が構築、FinTechやAPI連携を見据えたシステム連携基盤とは? 【日本アイ・ビー・エム】 システム設計専用ツール「Verasym System Designer(VSSD)」 【第一コンピュータリソース】
開発ツール 開発ツール 開発ツール 開発ツール 開発ツール
「FinTech」の最前線、住信SBIネット銀行がAPI公開で得た効果 複合機を使ったIoTサービス拡大も視野に、拠点間システム連携基盤の作り方 デジタルトランスフォーメーション時代に企業がAPI管理に注目すべき理由とは セブン銀行が構築、FinTechやAPI連携を見据えたシステム連携基盤とは? システム開発における要件定義、外部・内部設計などシステムの設計を行う専用ツール。ドキュメントごとに専用インタフェースが用意されており効率よく設計作業を行える。

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20014579


IT・IT製品TOP > 開発 > 開発ツール > 開発ツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ