ユニアデックス、「ネットワーク検疫ソリューション」を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ユニアデックス、「ネットワーク検疫ソリューション」を提供


掲載日:2006/06/05


News

 ユニアデックス株式会社は、ネットワーク接続機器に対して、ウイルス対策ソフト導入状況や、不正PCの接続、禁止ソフトの導入などを検査する「ユニアデックス ネットワーク検疫ソリューション」の提供を、開始した。

 「ユニアデックス ネットワーク検疫ソリューション」は、株式会社PFUの検疫ソフトウエア「iNetSec Inspection Center」をベースに“ゲートウエー方式”/“NAC方式”/“IEEE802.1x方式”の3種類の制御方式に対応できるソリューション。いずれの方式も、「iNetSec Inspection Center」の検査結果(セキュリティパッチやウイルス対策ソフトの導入状況、禁止ソフトウエアの導入状況など)に基づいて制御を行ない、セキュリティポリシーに違反するクライアント端末からのアクセスを防止することができる。

 同ソリュ−ションでは、検疫辞書の取得から検疫ポリシーの設定までを自動化することで、検疫ネットワークシステムの管理は不要となる。禁止ソフト検査プラグインによる禁止ソフトウエアの検査や、端末/ユーザー認証機能による不正な持ち込みPCの検出が可能となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「検疫」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「検疫」関連情報をランダムに表示しています。

「検疫」関連の製品

サイバーリスク回避の基本、「セキュリティフレームワーク」導入の最善策 【テナブルネットワークセキュリティ】 AWSにおけるセキュリティ対策の常識――システム移行時に検討すべき3つの要素 【トレンドマイクロ】 ITセキュリティ責任者の声に見る、サイバーセキュリティフレームワークの現状 【テナブルネットワークセキュリティ】 システムの目的別に解説するサーバセキュリティ実装のポイント 【トレンドマイクロ】 サポートが終了したOSを継続利用、延命利用中に必須のセキュリティ対策 【トレンドマイクロ】
検疫 検疫 検疫 検疫 検疫
サイバーリスク回避の基本、「セキュリティフレームワーク」導入の最善策 AWSにおけるセキュリティ対策の常識――システム移行時に検討すべき3つの要素 ITセキュリティ責任者の声に見る、サイバーセキュリティフレームワークの現状 システムの目的別に解説するサーバセキュリティ実装のポイント サポートが終了したOSを継続利用、延命利用中に必須のセキュリティ対策

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20014554


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > 検疫 > 検疫のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ