SAPジャパン、ERPアプリケーションの新バージョンを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


SAPジャパン、ERPアプリケーションの新バージョンを出荷


掲載日:2006/06/02


News

 SAPジャパン株式会社は、ERP(基幹業務システム)アプリケーションの新バージョン「mySAP ERP 2005」を、出荷する。

 「mySAP ERP 2005」は、迅速な情報アクセスと意思決定を支援するERP製品。各種業界の特有な機能を組み込めるため、業種別ソリューションの迅速な導入が可能となっている。手作業による照合を削減して複数の切り口から元帳のバランスを取ることのできる総勘定元帳ソリューションや、業務に対する優れた視認性を提供してマネージャや業務部門のユーザーによる意思決定を支援するマネジメントダッシュボード、回収業務を加速して債権管理を改善する回収/与信管理機能を搭載している。

 エンドツーエンドのタレントマネジメントツールにより従業員の採用/教育/パフォーマンス評価/リテンション(人材維持)を改善している。人事部門の管理コストを削減するための従業員セルフサービス機能が強化されているほか、経費/旅費レポートの強化により従業員の経費精算作業のための時間を短縮し、管理レベルが強化されている。また、給与や資金管理のアウトソーシングに対応するアーキテクチャが強化されているほか、電子調達、請求、受注管理、内部統制の文書化をサポートする機能を搭載している。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ERP」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ERP」関連情報をランダムに表示しています。

「ERP」関連の製品

プロジェクトから“どんぶり勘定”を一掃――ERPによる収支管理の可視化 【ネットスイート】 日本発グローバルERP「A.S.I.A.(エイジア)」 【東洋ビジネスエンジニアリング】 Microsoft Dynamics 365 for Finance and Operations 【日立ソリューションズ】 ERP導入事例:経験ゼロでも短期間でグローバル経営管理を実現できた理由とは? 【ネットスイート】 経営層と現場の課題を一挙に解決する“欲張り”なERPが必要な理由 【富士通マーケティング】
ERP ERP ERP ERP ERP
プロジェクトから“どんぶり勘定”を一掃――ERPによる収支管理の可視化 多言語・多通貨対応で、22の国と地域・430社への導入実績を持つ純国産ERP。低コスト、短納期でのノンカスタマイズ導入・クラウドサービスも提供可能。 生産、販売管理、会計など業務全体をカバーする基本的なERP機能のほか、小売業様向け機能として、POSやコールセンター等、様々な販売チャネル向け機能を有する。 ERP導入事例:経験ゼロでも短期間でグローバル経営管理を実現できた理由とは? 目先の課題に追われていては過酷な競争に勝てない。経営層と現場のどちらを優先するかではなく、その両方をサポートするERPが必要だ。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20014526


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ