ソフトウェア・トゥー、暗号/復号化ソフト内蔵のUSBキーを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ソフトウェア・トゥー、暗号/復号化ソフト内蔵のUSBキーを発売


掲載日:2006/05/29


News

 株式会社ソフトウェア・トゥーは、株式会社クイーリーの開発するデータ暗号/復号化アプリケーションを内蔵した「Safety Data Storage USB」を、6月8日より発売する。

 「Safety Data Storage USB」は、Windows版とMacintosh版の2種類の暗号化/復号化アプリケーションを内蔵しており、USBポートをもつ環境でドラッグ&ドロップによりデータを暗号/復号化できるUSBキー。暗号化ファイルを異なるプラットフォームで復号化することもできる。暗号化技術にはAES(Advanced Encryption Standard)を採用している。暗号/復号化アプリケーションは同製品がなければ起動できず、パスワードや復号化可能期限を設定することもできる。なお価格は、USBキー5本が同梱された1セットが7万5000円で、電話サポートやマイナーアップグレードの無償対応などの年間メンテナンスが1万円となっている。


出荷日・発売日 2006年6月8日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「暗号化」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「暗号化」関連情報をランダムに表示しています。

「暗号化」関連の製品

暗号化/マルウェア対策/ランサムウェア対策 秘文 Data Encryption 【日立ソリューションズ】 企業のセキュリティとコンプライアンスを守る、暗号化基盤の最前線に迫る 【ジェムアルト】 出口対策の敵はうっかりミス? 情報漏えいリスクから解放されるために必要なこと 【クロス・ヘッド+他】 セキュリティUSBメモリ作成ソフト InterSafe SecureDevice 【アルプス システム インテグレーション】 ディスク暗号化製品をどう選ぶ? Windows 10へ移行する前に考慮すべき点とは 【NECキャピタルソリューション】
暗号化 暗号化 暗号化 暗号化 暗号化
PCや記録メディア、ファイルサーバのデータを暗号化。
安全性が確認できるプログラムのみ、機密データやOS管理領域へのアクセスを許可する。
企業のセキュリティとコンプライアンスを守る、暗号化基盤の最前線に迫る 出口対策の敵はうっかりミス? 情報漏えいリスクから解放されるために必要なこと ・汎用のUSBメモリを、管理コンソールでカスタマイズしてセキュリティ機能をつけたものに変換。
・USBメモリの有効期限超過時にはデータの破棄機能も搭載。
顧客の開発情報を扱うためPCにディスク暗号化を導入していたAVCマルチメディアソフトは、Windows 10の大型アップデートが自社に大きな影響を与えると気付く。選んだ道は。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20014457


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 暗号化 > 暗号化のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ