NECなど、中堅企業向けERPパッケージと開発環境などをセット提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NECなど、中堅企業向けERPパッケージと開発環境などをセット提供


掲載日:2006/05/25


News

 日本電気株式会社とNECソフト株式会社は、中堅企業向けERPソリューション「EXPLANNER」シリーズを刷新し、開発環境とERPパッケージソフトのセット提供により柔軟なカスタマイズが可能な「新『EXPLANNERシリーズ』」を、8月より出荷する。最小構成価格は、100万円からとなっている。

 今回の刷新では、販売/会計/人事給与/債権債務領域のパッケージソフト「EXPLANNER/A」をNECのシステム構築統合開発環境「SystemDirector Enterprise」上で改変/刷新し、従来のパッケージの資産継承を可能とする後継製品「EXPLANNER/Ai」が提供される。階層型マルチセグメント機能の採用により管理会計情報をさまざまな角度からリアルタイムに分析できるほか、ワークフローやログ管理、アクセスコントロールなどの内部統制支援機能を備えている。人事給与領域での履歴情報管理機能も強化されている。また、「EXPLANNER/Ai」と製造業向けERPパッケージソフト「EXPLANNER/J」、建設業向けの「EXPLANNER/C」を組み合わせ、業種ごとのERPソリューションが提供される。

 今回出荷される「新『EXPLANNERシリーズ』」は、「EXPLANNER/Ai」と業種向けERPパッケージソフト、「SystemDirector Enterprise」、業務可視化ツールが組み合わされている。これにより、業務可視化ツールで内部統制も含めた業務プロセスを立案し、それに見合ったシステム構築を「SystemDirector Enterprise」で行なうことが可能となる。また、業務プロセス立案のコンサルティングサービスも提供されるほか、システム構築後にユーザー自身が業務プロセスの変更に応じて容易な操作でシステムを更新することもできる。


出荷日・発売日 −−−
価格 最小構成価格:100万円〜

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ERP」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ERP」関連情報をランダムに表示しています。

「ERP」関連の製品

Infor SyteLine 【日立システムズ】 製造業の情報連携に必要な4つのステップ――自動車業界の場合 【インフォアジャパン】 グローバル対応ERP Exact Globe Next 【JBA ITソリューション】 日本発グローバルERP「A.S.I.A.(エイジア)」 【東洋ビジネスエンジニアリング】 Plaza-i:海外進出企業向けERPパッケージ 【ビジネス・アソシエイツ】
ERP ERP ERP ERP ERP
世界中の組立型製造業のノウハウが蓄積された統合型基幹業務パッケージ。グローバルで標準化された同一システムを全世界の拠点で導入可能。4〜5ヵ月での短期導入を実現。 製造業に今、「情報管理プラットフォーム」が必要な理由 会計/販売/購買/在庫/プロジェクト管理を標準装備し、各業務で必要な機能を網羅しているため、カスタマイズを最小限に抑え、低コスト・短期間での導入が可能なERP。 多言語・多通貨対応で、22の国と地域・430社への導入実績を持つ純国産ERP。低コスト、短納期でのノンカスタマイズ導入・クラウドサービスも提供可能。 多通貨、バイリンガル表示・出力、複数会社管理、複数会計基準に標準対応した、ライセンス料金を気にせず事業会社がいくつでも追加できるERPパッケージ。【直販のみ】

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20014432


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ