MS、ITILベースの包括的なシステム管理が可能な製品群を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


MS、ITILベースの包括的なシステム管理が可能な製品群を提供


掲載日:2006/05/24


News

 マイクロソフト株式会社は、ITILベースの包括的なシステム管理が可能な「System Center」製品群を、提供する。

 「System Center」は、ITILをベースに、開発/システム構築で得た知識とプロセスを製品に組み込むことで、柔軟性/拡張性に優れたシステム管理ソリューションを構築できる製品。既存のシステム環境を制御し、繰り返し作業の多くを自動化できる仕組みをIT部門に提供することができる。バックアップとデータリカバリの機能を備えた「Data Protection Manager 2006」や、「Microsoft Operations Manager 2005」(MOM)と「Microsoft Systems Management Server 2003」(SMS)を統合したレポーティング機能を備えた「Reporting Manager 2007」などが提供/発表されている。

 また、インフラやアプリが提供するITサービスの稼働率や状態を監視できる「Operations Manager 2007」や、システム資産管理や展開管理が可能な「Configuration Manager 2007」などが、今後18ヵ月以内にリリースされる。さらに同社は、「SMS」で管理するシステムの構成情報と、「MOM」で管理するイベントとパフォーマンスの情報を統合し、システムを管理するためのレポートを容易に作成できる「Microsoft System Center Reporting Manager 2006」日本語版を、5月26日より発売する。価格は、44万3000円で、5ライセンスより購入できるボリュームライセンスプログラム“Open Business”(6月1日発売)が36万7000円となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IT資産管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

「IT資産管理」関連の製品

設備資産管理を支える「EAM」の形――現場でも使われるツールに必要なこと 【インフォアジャパン】 モバイル対応で過去の資産もムダにしない、資産管理システムの生かし方 【インフォアジャパン】 資産・備品管理システム 「備品マネージャー2」 【フォー・ズィー・コーポレーション 】 IT資産管理ソフトSS1<System Support best1> 【ディー・オー・エス】 コスト対策だけではない、顧客満足度の向上にも応える設備管理の戦略ガイド 【インフォアジャパン】
IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理
企業設備資産管理ソリューションの最新動向 モバイル対応で過去の資産もムダにしない、資産管理システムの生かし方 2次元バーコード付の備品ラベルを使い、資産・備品の登録から、リース資産の管理、棚卸、移管、廃棄までを一貫して管理できる。その他画像管理や簿価リスト出力も可能。 IT機器などの最新情報をリアルタイムに把握・可視化し、資産・セキュリティ・ログの管理を効率化する。新機能のソフトウェア資産管理機能でコンプライアンス強化も支援。 設備・資産の管理、フレームワーク「PAS55」導入で得られるベネフィット

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20014423


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ