NTT-AT、マルチプラットフォーム対応のRADIUS認証サーバを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTT-AT、マルチプラットフォーム対応のRADIUS認証サーバを発売


掲載日:2006/05/18


News

 NTTアドバンステクノロジ株式会社は、Javaをベースとし、様々なプラットフォームに対応できるRADIUS認証サーバ「JAVIUS」を、発売した。価格は、63万円から(税込)となっている。

 「JAVIUS」は、リモートユーザーの認証やアクセス履歴を管理するRADIUS認証サーバ。認証方式PAP/CHAPに加えIEEE802.1x認証対応のEAP-MD5認証を導入できるほか、今後EAP-TLS/EAP-TTLS/EAP-SIM認証の実装も予定されている。Webブラウザを用いた認証方式や認証条件、応答内容を日本語で設定でき、専門用語や英語に不慣れなサーバ管理者も容易に使用することができる。また、導入に際して技術面のバックアップが提供されるほか、ユーザーの業務形態に合わせたカスタマイズにも対応することができる。


出荷日・発売日 2006年5月17日 発売
価格 63万円〜(税込)

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

安心・安全・快適認証ソリューション 「YubiOn」 【ソフト技研】 RADIUS認証・アカウント管理アプライアンス Account@Adapter+ 【エイチ・シー・ネットワークス】 モバイルやSaaSを保護し、利便性も損なわない金融機関のセキュリティ戦略とは 【CA Technologies】 Webアプリにおいて認証メカニズムとアクセス制御の実装はどうあるべきか? 【EVIDIAN-BULL JAPAN】 RADIUSアプライアンスサーバ シリーズ 【インフィニコ】
認証 認証 認証 認証 認証
さまざまな認証のシーンにワンタイムパスワードを追加し、セキュアな二要素認証を実現可能にする。新たなハードウェアの購入やシステムの変更を行わずに導入可能。 ネットワーク認証に関わる機能を網羅した認証アプライアンス製品。Web/MAC/IEEE802.1X認証に対応、CA局、DHCPサーバ、外部LDAP/AD参照、アカウント申請機能をサポート。 モバイルやSaaSを保護し、利便性も損なわない金融機関のセキュリティ戦略とは Webアプリにおいて認証メカニズムとアクセス制御の実装はどうあるべきか? Made in JAPANの省電力RADIUSアプライアンスサーバ。シリーズ全製品が異拠点間での冗長構成が可能。多様な認証方式、IPv6に対応。外部AD連携機能標準搭載モデルも用意。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20014340


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ