富士通、内部統制への対応を支援する運用管理ソフトの新版を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士通、内部統制への対応を支援する運用管理ソフトの新版を発売


掲載日:2006/05/10


News

 富士通株式会社は、個人情報保護法や金融商品取引法で義務付けられる内部統制への対応を支援する統合運用管理ソフトウェア「Systemwalker V13」全14製品を、5月より順次出荷する。

 「Systemwalker V13」は、ITシステムの情報セキュリティ対策とITILプロセスの導入を支援する製品群。今回の新バージョンでは、「Systemwalker Desktop Rights Master V13」の追加などが行なわれている。同製品は、Office/PDFといった電子文書をファイル単位で細かくアクセス制御することで、社内で安全に情報を共有し、社内外への情報漏洩を防止する。電子文書は暗号化されているため、不正コピーや誤操作、Winnyなどによりファイルが流出しても、情報の漏洩を防ぐことができる。

 監査ログを自動収集する「Systemwalker Centric Manager V13」は、ITが管理する情報へのアクセス記録などを一元管理することができる。また、様々なミドルウェアの管理コンソールを統合し操作性を向上する統合コンソールと、適用が必要なパッチを迅速に把握できるパッチ情報の自動収集機能を提供する。管理コンソールの統合は、Webで提供されるプラグインを組み込むことで容易に行なうことができる。これにより、監視イベントの統合に加え変更リリース時の運用操作やパッチ情報が統合され、変更管理などのITILプロセスの構築を支援する。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

「富士通」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「統合運用管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合運用管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合運用管理」関連の製品

IT部門を早く・安く・手軽に改革、ITサービス管理ツールで業務はどう変わる? 【クレオ】 ダウンタイム要因はストレージとは限らない、可用性向上の鍵は機械学習にあり 【日本ヒューレット・パッカード】 ITIL運用の経験不足をツールでカバー、福岡空港に学ぶプロアクティブな保守運用 【クレオ】 Citrix製品の高度なサポートから延命保守まで対応、認定パートナーの5つの強み 【アシスト】 Senju DevOperation Conductor 【野村総合研究所】
統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理
非効率なサポートデスク業務…… IT部門を「手軽にテコ入れ」する方法 ダウンタイム要因はストレージとは限らない、可用性向上の鍵は機械学習にあり 年間約2100万人365日運航を支える「業務支援ツール」導入事例 Citrix製品の高度なサポートから延命保守まで対応、認定パートナーの5つの強み 「見やすく」「使いやすい」運用管理ツール。5つのサブシステムで構成され、システム全体の可視化と運用自動化を統一されたインターフェースで一元的に行える。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20014263


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ