ビーコンIT、監査証跡を統合分析できるセキュリティ製品を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ビーコンIT、監査証跡を統合分析できるセキュリティ製品を発売


掲載日:2006/05/10


News

 株式会社ビーコンITは、分散されたデータ環境でのアクセスログ分析をスムーズに行ない、情報漏洩発生時に迅速に漏洩経路を特定するためのセキュリティインシデント対策製品「BeaconIT Data Assurance Suite for 監査証跡」を、発売する。価格は、3データベースのアクセスログを透過分析する場合で800万円からとなっている。

 「BeaconIT Data Assurance Suite for 監査証跡」は、企業内の様々なプラットフォーム/システムに点在するアクセスログ群を統合し、一元的に分析できる製品。これにより、多岐にわたるアクセス経路や分散されたアクセスログの個別な分析が不要となり、内部監査人の負担を軽減し、迅速なインシデント対応が可能となる。また、統合透過的に分析するため、関連性のあるアクセスログ同士を突き合わせることで、単体のアクセスログでは発見できなかったインシデントの兆候についても発見できる可能性を高めることができる。新たなログ分析にノンプログラミングで対応できるほか、リスクアセスメントに沿った分析レポートを準備することが可能となる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連の製品

接続先ネットワークの制限/デバイスの利用禁止 秘文 Device Control 【日立ソリューションズ】 超高速秘密分散ソリューション 「SYMPROBUS Divide API」 【アクモス】
その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連
デバイスやWi-Fiの利用を制限し、エンドポイントからの情報漏洩を防止。
スマートフォン、USBメモリなど様々なデバイスの利用を制限。
Wi-Fi制御、VPN利用の強制機能も搭載。
電子ファイルを解読不能な断片に超高速で分散するクラウドAPIサービス。暗号化とは異なり、断片ファイルが漏えいしても解読は不可能。DR対策や複数人認証にも応用できる。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20014257


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > その他エンドポイントセキュリティ関連 > その他エンドポイントセキュリティ関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ