ユニアデックス、IT資産管理ソフトにサービスレベル管理機能追加

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ユニアデックス、IT資産管理ソフトにサービスレベル管理機能追加


掲載日:2006/05/09


News

 ユニアデックス株式会社は、ITILの管理プロセスに則して運用管理基盤を構築するIT資産管理ソフトウェア「ADMi-21 バージョン5.1」に、システムの稼働状況を管理する「サービスレベル管理オプション」を追加し、出荷した。

 「ADMi-21」シリーズは、PCやサーバ、各種ソフトウェアの導入状況などを一括して捉え、効果的な運用管理に結びつけるためのシステム。「バージョン5.1」では、ITILで定義されている管理プロセスに則した“構成管理機能”、“インシデント管理機能”、“問題管理機能”、“変更管理機能”、“リリース管理機能”などを搭載している。今回出荷された「サービスレベル管理オプション」では、ITサービス提供者とユーザーの間で交わされたSLA(サービスレベル合意文書)に明示されている項目と目標値、またはユーザー自身が設定した目標値に対して、システムがどのように稼働しているかを評価し、管理者に報告する機能が組み込まれている。

 CPUやハードディスクなどの稼働状況を管理する“キャパシティー管理”や、平均障害間隔/平均復旧時間などを管理する“可用性管理”などを備えている。また、ITILに準拠したテンプレートを利用することで、ユーザー自身が自社に適合したSLAを容易に設定することができる。なお価格は、「ADMi-21バージョン5.1」が367万5000円から、「サービスレベル管理オプション」のみの価格が105万円(いずれも税込)となっている。


出荷日・発売日 2006年5月1日 出荷
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IT資産管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

「IT資産管理」関連の製品

資産管理ツールではじめるエンドポイントセキュリティ 【ネットワールド】 エージェントレス型 IT資産管理ツール『e-Survey+』 【ニッポンダイナミックシステムズ】 資産・備品管理システム 「備品マネージャー2」 【フォー・ズィー・コーポレーション 】 資産管理ツール Absolute Data and Device Security 【ソフトバンク コマース&サービス】 IT資産管理ソフトSS1<System Support best1> 【ディー・オー・エス】
IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理
◎クラウドやAIなど最新技術により、多彩なエンドポイントセキュリティ機能を提供
◎標的型メール訓練、脅威判定、運用代行、EDRなど関連サービスも充実
サイバー攻撃の対象に……エンドポイント保護の対策漏れはなぜ起こるのか 2次元バーコード付の備品ラベルを使い、資産・備品の登録から、リース資産の管理、棚卸、移管、廃棄までを一貫して管理できる。その他画像管理や簿価リスト出力も可能。 ノートPCやタブレットの盗難・紛失時に遠隔よりデータを削除して情報漏えいを防止する資産管理ツール。デバイスの位置を地図上に表示する位置情報トラッキング機能が特長。 IT機器などの最新情報をリアルタイムに把握・可視化し、資産・セキュリティ・ログの管理を効率化する。新機能のソフトウェア資産管理機能でコンプライアンス強化も支援。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20014251


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ