キヤノン、光学エンジンAISYS搭載の液晶プロジェクタなどを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


キヤノン、光学エンジンAISYS搭載の液晶プロジェクタなどを発売


掲載日:2006/04/28


News

 キヤノンマーケティングジャパン株式会社は、液晶プロジェクタの新製品で、光学エンジン“AISYS”(Aspectual Illumination System)により輝度とコントラストを両立した「SX6」/「SX60」/「X600」と、XGAのリアル投写に対応した「LV-7255」/「LV-7250」を、5月中旬より順次発売する。

 「SX6/SX60/X600」は、反射型液晶パネル“LCOS”を採用した液晶プロジェクタ。“AISYS”により、光を縦方向と横方向の成分に分けて別々に最適化を図ることで、「SX6/X600」で3500ルーメン、「SX60」で2500ルーメンの輝度と1000:1のコントラスト比を両立している。「SX6/SX60」ではSXGA+(1400×1050画素)に、「X600」ではXGA(1024×768画素)にリアル対応した映像を投写することができる。3機種とも、非球面レンズ2枚とUDレンズ(特殊低分散ガラス)1枚を採用した光学1.7倍電動ズームレンズを備えているほか、設置時の4つの基本設定を自動で行なうオートセットアップ機能を搭載している。投写終了後、直ちに電源ケーブルを抜いて運搬することもできる。

 「LV-7255」は輝度2500ルーメン、「LV-7250」は2000ルーメンの液晶プロジェクタ。両機種とも、XGA(1024×768画素)のリアル投写に対応しているほか、非球面レンズ2枚を採用した光学1.6倍ズームレンズを搭載している。約9秒のクイックスタートと約30秒のクイッククーリングにより、迅速な設置/収納が可能となっている。垂直方向の傾斜角度に合わせて台形歪みを適切に補正する“オートキーストーン機能”や、壁の色に応じて投写映像を適切な色に調整できる“スクリーン色補正機能”、暗証番号を設定できるセキュリティ機能などを備えている。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20014215


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プロジェクター > プロジェクターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ