日本BEA、RFIDソリューション構築用のエッジサーバソフトを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本BEA、RFIDソリューション構築用のエッジサーバソフトを発売


掲載日:2006/04/27


News

 日本BEAシステムズ株式会社は、RFIDエッジサーバソフトウェア「BEA WebLogic RFID Edge Server 2.0」を、発売した。

 「BEA WebLogic RFID Edge Server 2.0」は、RFIDを利用した企業システムを期間/コストを抑えて開発するためのソフトウェア。RFIDリーダ、バーコードリーダ、スタックライト、LEDディスプレイ、モーションセンサ、プログラマブルロジックコントローラなどの様々なデバイスをRFID環境に統合することができる。EPCglobal ALE標準のAPIを備えており、RFIDベースのアプリケーションレベルビジネスイベントをEPCに準拠しながら宣言的に定義でき、RFIDデータの効率的なフィルタリングと集約が可能となる。また、RFIDデバイスとインフラストラクチャコンポーネントの集中監視/管理が可能なコンソールを備えている。


出荷日・発売日 発売済
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ID管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ID管理」関連情報をランダムに表示しています。

「ID管理」関連の製品

高まるID/アクセス管理の重要性、ハイブリッドクラウド環境に適したIAMとは? 【F5ネットワークスジャパン】 脅威分析で特権アカウントを保護、自動的に脅威を緩和するための4つのステップ 【CA Technologies】 ハイブリッド時代のデータ漏えいを防ぎ、特権IDを一元管理するセキュリティ 【CA Technologies】 海外でのコンプライアンスも左右する、機密性の高い特権ID保護とは 【CA Technologies】 「情報漏えい対策製品」に関するアンケート 【CA Technologies】
ID管理 ID管理 ID管理 ID管理 ID管理
クラウドサービス普及でリスク増大、ID/アクセス管理の最適解は 脅威分析で自動的にリスク緩和、特権アクセスを守る4ステップ データ漏えいの要因、特権ユーザーアカウントの侵害をどう防ぐ? 海外でのコンプライアンスも左右する、機密性の高い特権ID保護とは Amazonギフト券3000円分が当たる★情報漏えい対策製品に関するアンケート実施中

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20014208


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > ID管理 > ID管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ