RSAセキュリティ、オンラインサービス用認証強化プログラム発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


RSAセキュリティ、オンラインサービス用認証強化プログラム発表


掲載日:2006/04/26


News

 RSAセキュリティ株式会社は、オンラインサービス利用時の様々な場面に適応した認証強化が可能となる「オンライン・サービス向け適応認証プログラム」を、発表した。

 「オンライン・サービス向け適応認証プログラム」では、ログイン時やトランザクション時に適切な認証手段を提供するためのワンタイムパスワード認証とリスクベース認証技術が提供され、サービス利用者のプロフィールや希望サービスの種類により、適した技術を選択することができる。リスクベース認証は、利用者がサービスにアクセスするために使用している機器のプロファイルやアクセス手段などのプロファイル、利用者の通常の利用パターンなどに一定の基準を設け、異なる場合に危険度を総合的に判定する。危険度が高いと判断した場合に、事前登録されている電話番号に連絡し本人確認を行なうなどの追加認証を行ない、危険と判断した場合にはサービス提供を停止することができる。

 ワンタイムパスワード認証では、サービス利用者本人のみが知っている暗証番号と「RSA SecurID」などの専用トークンを使用し、1分間に1回変化し表示される6桁程度の数字列の2つの要素で認証を強化する。要求される認証強度に応じ、ワンタイムパスワード認証とリスクベース認証の使い分けや組み合わせによる認証が可能となる。また同社は、金融機関の顧客を狙ったフィッシング詐欺への対策サービス「RSA FraudAction」を、7月より提供する。同サービスでは、フィッシングサイトの検出/アラートや、確認済みフィッシングサイトのシャットダウンなどが提供される予定。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

新しい認証の世界が広がる、追加コスト要らずのWindows 10とVPN 【日本マイクロソフト】 AXIOLE 【ネットスプリング】 若年顧客を呼び込んだ電子サインシステム「Adobe Sign」 【アドビ システムズ 株式会社】 指ハイブリッド認証 【NEC】 RADIUSアプライアンスサーバ シリーズ 【インフィニコ】
認証 認証 認証 認証 認証
新しい認証の世界が広がる、追加コスト要らずのWindows 10とVPN LDAP、RADIUS認証プロトコルに対応し、最大2万5000アカウントまでサポートする、ローカルとクラウドの認証を一元化できるアプライアンスサーバ。 革新者が語る 旧体制を破壊した顧客体験志向とデジタルの事例 「指紋」と「指静脈」を組み合わせた複合型認証技術。非接触型指ハイブリッドスキャナ、OSログイン用ソフトウェア、アプリケーション組み込み用ソフトウェアなどで構成。 Made in JAPANの省電力RADIUSアプライアンスサーバ。シリーズ全製品が異拠点間での冗長構成が可能。多様な認証方式、IPv6に対応。外部AD連携機能標準搭載モデルも用意。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20014187


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ