新技術:三菱電機、ワーム型ウイルスを早期に検知する技術を開発

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


新技術:三菱電機、ワーム型ウイルスを早期に検知する技術を開発


掲載日:2006/04/26


News

 三菱電機株式会社は、新出のワーム型ウイルスの攻撃を早期に検知する“セキュリティー攻撃予兆分析技術”を、開発した。

 今回開発された技術では、ネットワークの通信状況の特徴を抽出し、その特徴量の時間的変化を分析するアルゴリズム“DynamicSVD”(Dynamic Singular Value Decomposition)により、未知のワーム型ウイルスを早期に検知することができる。特異値分解を用いて大量のデータから相関関係やパターンなどを探し出す同社のデータマイニング技術をベースに、ネットワークに対するアクセス数と通信状況の変化から、攻撃による被害の予兆を検知する。処理時間はデータ量に左右されず、リアルタイムで処理される。

 “DynamicSVD”では、監視対象ネットワークの通信状況から取得した複数のパラメーターを多次元のマトリックスで表現し、特異値分解により多次元マトリックスを2次元の特徴量に縮小することでグラフとして表す。グラフ上では、メールやファイルの転送などの正常なアクセスの分布と、ワーム型ウイルスに代表される不正なアクセスの分布が異なるため、正常な分布から逸脱した度合いから攻撃を検知することができる。アクセス数の増加は特徴量に影響を及ぼさず、不正なアクセスのみを検知することができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「アンチウイルス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「アンチウイルス」関連情報をランダムに表示しています。

「アンチウイルス」関連の製品

ランサムウェア対策ソフト 「AppCheck」 【JSecurity】 マルウェアの脅威にどう備える? セキュリティ人材不足の企業を救う3つのサービス 【日立ソリューションズ】 EDRと次世代アンチウイルスを統合、運用負荷も解消する統合エンドポイント防御 【日立システムズ】 ゼロデイマルウェアから企業を守るセキュリティソリューションの実態テスト 【パロアルトネットワークス】 新種の脅威を防ぐ機械学習、その機能は「3つの観点」で評価する 【パロアルトネットワークス】
アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス
ランサムウェア対策に特化し、未知のランサムウェアの攻撃からPCを防御するセキュリティソフトウェア。無料評価版ダウンロードにより試用もできる。 セキュリティ人材不足の企業を未知の脅威から救う3つのサービス EDRと次世代アンチウイルスを統合、運用負荷も解消する統合エンドポイント防御 ゼロデイマルウェアから企業を守るセキュリティソリューションの実態テスト 新種の脅威を防ぐ機械学習、その機能は「3つの観点」で評価する

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20014185


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ