サードネットワークスなど、入退室管理システムセキュリティ強化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


サードネットワークスなど、入退室管理システムセキュリティ強化


掲載日:2006/04/26


News

 サードネットワークス株式会社と株式会社キュービックアイディは、携帯電話を使用したサードネットワークスの本人認証サービス「Secure Call」とキュービックアイディのRFIDシステム「Local Area Search 300」(LAS300)シリーズを連携させ、入退室管理システムにおけるセキュリティを強化すると、発表した。

 「Secure Call」は、携帯電話を使用して容易に2要素/2経路認証による安全な本人認証を提供するASPサービス。「LAS300」シリーズは、IDを自律的に発信し、半径7m内のIDを読み取れるアクティブRFID技術を基盤としている。300MHz帯微弱無線電波を使用しているため、周波数ごとの用途の制限を受けずにシステムに対応することができる。さらに、ソフト上で閾値を調整することで電波強度に応じたイベントの発生を制御できるため、近距離のパッシブRFID製品と類似のサービスにも対応することができる。

 今回の「Secure Call」と「LAS300」シリーズとの連携により、「LAS300」シリーズに本人認証機能が追加され、RFIDタグ紛失/盗難時の“なりすまし”アクセス防止が可能となった。携帯電話とRFIDによりデバイスが2重化され、強度に優れたシステムを構築することも可能となった。「LAS300」シリーズの通信距離を利用し、扉から約7m前方に受信機を設置することでID検知によるイベントの開始時期を早めることができる。これにより、「Secure Call」による本人認証の処理待ち時間を短縮できるため、シームレスな入室が可能となる。また、「Secure Call」による本人認証は携帯電話のプッシュボタン信号/発番号により行なわれるため、携帯電話端末の機種に依存せず、トークン購入コストを抑えることができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ID管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ID管理」関連情報をランダムに表示しています。

「ID管理」関連の製品

物理、仮想、クラウドで管理者IDが急増――対策すべき5つのリスクとは? 【CA Technologies】 脅威分析で特権アカウントを保護、自動的に脅威を緩和するための4つのステップ 【CA Technologies】 効果的なセキュリティ対策を目指すなら欠かせない「特権アカウント」管理 【CA Technologies】 外部と内部からの高度な攻撃を阻止、攻撃ライフサイクルを遮断するポイントは? 【CyberArk Software】 サイバー攻撃からビジネスを守るために知っておきたい「キルチェーン」とは 【CA Technologies】
ID管理 ID管理 ID管理 ID管理 ID管理
物理、仮想、クラウドで管理者IDが急増――対策すべき5つのリスクとは? 脅威分析で特権アカウントを保護、自動的に脅威を緩和するための4つのステップ 効果的なセキュリティ対策を目指すなら欠かせない「特権アカウント」管理 外部/内部攻撃を共通点で阻止――攻撃サイクルの最重要「遮断ポイント」は? サイバー攻撃からビジネスを守るために知っておきたい「キルチェーン」とは

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20014182


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > ID管理 > ID管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ